きのふはけふの物語 全訳注

講談社学術文庫
キノウハキョウノモノガタリゼンヤクチュウ
  • 電子あり
きのふはけふの物語 全訳注
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

近世初期に成立した笑話集。古活字版、整版、書写本など、さまざまな形で庶民に浸透し楽しまれた噺の数々。「仮名草子中一、二のベストセラー」とも推測され『醒睡笑』にも引き継がれた笑話には、当時の民衆の笑いの感覚が表れている。
身近にいる「うつけ」者の噺、艶笑・男色の噺、尾籠な噺から信長・秀吉が登場する噺まで、無名の人々の手になる作品集成。

目次

  • 全234話
  • 笑話番号1~80   (底本 無刊記整版)
  • 81~143  (拾遺)
  • 144~214 (底本 無刊記整版)
  • 215~234 (拾遺)

製品情報

製品名 きのふはけふの物語 全訳注
著者名 訳注:宮尾 與男
発売日 2016年02月10日
価格 定価 : 本体1,650円(税別)
ISBN 978-4-06-292349-1
判型 A6
ページ数 608ページ
電子版製品名 きのふはけふの物語 全訳注
シリーズ 講談社学術文庫

著者紹介

訳注:宮尾 與男(ミヤオ ヨシオ)

1948年生まれ。日本大学大学院文学研究科博士課程単位取得満期退学。日本文学研究者。日本近世文学会委員を歴任、現在、夕霧軒文庫長。
著訳書に『元禄舌耕文芸の研究』『上方舌耕文芸史のの研究』『上方噺の会本集成』『醒酔笑 全訳注』など。

オンライン書店で見る