刺青・性・死 逆光の日本美

講談社学術文庫
シセイセイシギャッコウノニホンビ
  • 電子あり
刺青・性・死 逆光の日本美
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

刺青、それは閉ざされた美である。暗黒のゆえに極彩の美である。秘めよ、秘められよ、開かれてはならない。いつの日にも俗物への、体制への、衝撃であらねばならない――。生命に彫り込まれた虚構、解脱を拒否した無頼の詩語。それはいかにして芸術に高まったのか。異端と抵抗の系譜を追究し続けた著者による、日本刺青の精神史。



本書の題名は、「刺青(しせい)・性(せい)・死(し)」と読んでほしい。刺青を「いれずみ」とは読んでほしくない。いうまでもなく、「いれずみ」は近世における法制用語である。――「あとがき」より

目次

  • 【刺青】
  • 一 刺青への誘い
  • 二 刺青・その秘匿と顕示
  • 三 革命と聖痕
  • 【性】
  • 一 痛みと怨恨の機能
  • 二 南北復活における血の論理
  • 三 絵金神話の詩と真実
  • 四 戯画としてのユートピア
  • 【死】
  • 一 一人による犠牲死
  • 二 性と死の冥婚
  • (解説 平井倫行)

製品情報

製品名 刺青・性・死 逆光の日本美
著者名 著:松田 修
発売日 2016年02月11日
価格 定価 : 本体1,050円(税別)
ISBN 978-4-06-292348-4
判型 A6
ページ数 312ページ
電子版製品名 刺青・性・死 逆光の日本美
シリーズ 講談社学術文庫
初出 本書の原本は、『刺青・性・死――逆光の日本美』として1972年に平凡社から刊行されました。

著者紹介

著:松田 修(マツダ オサム)

松田修(まつだ おさむ)
1927年生まれ。京都大学国文学科卒業。法政大学教授などを経て、国文学研究資料館名誉教授。専攻は日本近世文学・日本芸能史。異端という視点から近世文化の陰闇に切り込み、美の様式をあらわした。日本の刺青研究の第一人者としても知られる。2004年逝去。著書は『松田修著作集』(全8巻、右文書院)としてまとめられている。

オンライン書店で見る