カレーライスと日本人

講談社学術文庫
カレーライストニホンジン
  • 電子あり
カレーライスと日本人
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

インドで生まれたカレーが、いまや日本の食卓の王座についている。日本人はなぜカレーが好きなのだろうか。われわれが食べているカレーはインドから輸入されたのか。アジア全土を食べあるき、スパイスのルーツをイギリスにさぐり、明治文明開化以来の洋食史を渉猟した著者が、「カレーとは何か」を丹念に探った名著。刊行後、『美味しんぼ』で詳しく紹介されるなど、日本の食文化論に大きな影響を与えた。著者による補筆を収録。

目次

  • 1――辛くないカレーと黄色くないカレー
  • 2――インドでカレーを考えた
  • 3――カレー粉誕生
  • 4――日本カレー繁盛物語
  • 5――日本人はなぜカレーが好きなのか
  • 補遺―その後の「カレー考」

製品情報

製品名 カレーライスと日本人
著者名 著:森枝 卓士
発売日 2015年08月10日
価格 定価 : 本体920円(税別)
ISBN 978-4-06-292314-9
判型 A6
ページ数 264ページ
電子版製品名 カレーライスと日本人
シリーズ 講談社学術文庫
初出 本書の原本は、1989年、講談社現代新書として刊行されました。

著者紹介

著:森枝 卓士(モリエダ タカシ)

1955年、熊本県水俣市に生まれる。高校在学中、アメリカ人写真家ユージン・スミスと水俣で出会い親交を深め、写真家を志す。国際基督教大学で文化人類学を学び、以後、アジアをはじめ、世界各地を歩き、写真、文章を新聞、雑誌に発表。
現在は写真家、ジャーナリスト。大正大学客員教授。早稲田大学などでも食文化を講じる。人気カレーマンガ『華麗なる食卓』(集英社、全49巻)を監修。
主な著書に、『食の冒険地図』(技術評論社)、『世界の食文化4 ベトナム・カンボジア・ラオス・ミャンマー』(農文教)、『考える胃袋』(石毛直道民族学博物館名誉教授と共著、集英社新書)、『食の文化フォーラム31 料理すること』(編、ドメス出版)、『食べもの記』『手で食べる?』『食べているのは生きものだ』(以上、福音館書店)などがある。

オンライン書店で見る