デリダ 脱構築と正義

講談社学術文庫
デリダダツコウチクトセイギ
  • 電子あり
デリダ 脱構築と正義
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ポスト構造主義を代表する哲学者、ジャック・デリダ。ロゴス中心主義が「まったき他者」を排除・隠蔽してきた歴史を暴き出した尖鋭で長大な問いかけは、我々に影響を与え続けている。脱構築、散種、差延をはじめとする独創的な概念を生み出した思想の核となる「哲学的」モチーフをとらえ、彼が呈示した「他者との関係としての正義」を潜在的・顕在的に追究する。

製品情報

製品名 デリダ 脱構築と正義
著者名 著:高橋 哲哉
発売日 2015年05月09日
価格 定価 : 本体1,130円(税別)
ISBN 978-4-06-292296-8
判型 A6
ページ数 368ページ
電子版製品名 デリダ 脱構築と正義
シリーズ 講談社学術文庫
初出 本書の原本は、1998年3月、小社より「現代思想の冒険者たち」第二十八巻として刊行されました。

著者紹介

著:高橋 哲哉(タカハシ テツヤ)

1956年生まれ。東京大学教養学部教養学科フランス分科卒業、同大学院人文科学研究科博士課程単位取得。専攻は哲学。東京大学大学院総合文化研究科教授。著書に『逆光のロゴス』『記憶のエチカ』『戦後責任論』『歴史/修正主義』『「心」と戦争』『証言のポリティクス』『反・哲学入門』『教育と国家』『靖国問題』『犠牲のシステム福島・沖縄』『原発の「犠牲」を誰が決めるのか』などがある。

オンライン書店で見る