中世芸能講義 「勧進」「天皇」「連歌」「禅」

講談社学術文庫
チュウセイゲイノウコウギカンジンテンノウレンガゼン
  • 電子あり
中世芸能講義 「勧進」「天皇」「連歌」「禅」
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

日本中世芸能の世界を、「勧進」「天皇」「連歌」「禅」という四つの切り口から論じる。経済活動の原動力としての勧進が芸能を包含していく過程、天皇制のなかの祓穢思想と芸能との発生のかかわり、位相の変化の連なりを集団の連関のなかで生み出す連歌のダイナミズムと美学、禅が孕むバサラ的思想。超域的な視点から能楽研究を拓いてきた第一人者の眼で歴史資料から鮮やかに見出される日本中世文化の全容へと迫る画期的講義の記録。

目次

  • 一 勧進による展開
  •  【コラム】勧進興行の地獄劇
  • 二 天皇制と芸能
  •  【コラム】摩多羅神
  • 三 連歌的想像力
  •  【コラム】日本文学の起源
  • 四 禅の契機:バサラと侘び
  •  【コラム】一休宗純

製品情報

製品名 中世芸能講義 「勧進」「天皇」「連歌」「禅」
著者名 著:松岡 心平
発売日 2015年05月09日
価格 定価 : 本体880円(税別)
ISBN 978-4-06-292294-4
判型 A6
ページ数 256ページ
電子版製品名 中世芸能講義 「勧進」「天皇」「連歌」「禅」
シリーズ 講談社学術文庫
初出 本書の原本は、2002年に岩波書店より『中世芸能を読む』として刊行されました。講談社学術文庫化にあたり改題し、本文を少し手直しした上で、4つのコラムを新しく付け加えました。

著者紹介

著:松岡 心平(マツオカ シンペイ)

1954年岡山県生まれ。東京大学大学院人文科学研究科博士課程満期退学。東京大学大学院・総合文化研究科教授。観世文庫理事。主な著書に『宴の身体―バサラから世阿弥へ』(岩波書店)、『能―中世からの響き』(角川書店)などがある。

オンライン書店で見る