宇宙誌

講談社学術文庫
ウチュウシ
  • 電子あり
宇宙誌
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

我々はどこから来たか、我々とは何か、我々はどこへ行くのか――。科学の飛躍的進展が人類にもたらした劇的変化。我々はどのような思索を経て、現在の科学技術を築きあげたのか。そして新たな文明への途上にあって、宇宙の意味、可能性とは何か。古代ギリシャからホーキングにいたる天才たちの足跡を追い、200億光年の時空を旅する壮大な知的大紀行。

製品情報

製品名 宇宙誌
著者名 著:松井 孝典
発売日 2015年04月11日
価格 定価 : 本体1,480円(税別)
ISBN 978-4-06-292291-3
判型 A6
ページ数 528ページ
電子版製品名 宇宙誌
シリーズ 講談社学術文庫
初出 本書の原本は、1993年1月、徳間書店より刊行されました。なお講談社学術文庫化にあたっては、2009年10月刊の岩波現代文庫版を底本としています。

著者紹介

著:松井 孝典(マツイ タカフミ)

1946年生まれ。東京大学理学部地球物理学科卒業、同大学院博士課程修了。東京大学名誉教授、千葉工業大学惑星探査研究センター所長、理学博士。専門は比較惑星学、アストロバイオロジー。著書に『地球進化論』『地球・46億年の孤独』『惑星科学入門』『地球・宇宙・そして人間』『1万年目の「人間圏」』『地球倫理へ』『宇宙からみる生命と文明』『宇宙人としての生き方』『地球システムの崩壊』『再現!巨大隕石衝突』『天体衝突』ほか多数。

オンライン書店で見る