チベット旅行記(下)

講談社学術文庫
チベットリョコウキゲ
  • 電子あり
チベット旅行記(下)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

仏教の原典を求めて、1900年当時厳重な鎖国をしていたチベットに、身に降りかかるさまざまな困難を乗り越えて、単身入国・帰国を果たした河口慧海師の旅行記です。
旅行記としてのおもしろさも第一級ですが、チベットの生活・風俗・習慣の的確な記録となっており、チベット研究の第一級の基本文献にもなっています。
チベット行を決心してから日本を出立するまでの準備。カルカッタ(コルコタ)での語学や物品の調達を経て、ヒマラヤに分け入ります。寒さ、盗賊、野生動物、厳しい地形、国境越えの苦労などを乗り越え何とかチベットに入国。厳重な警備の目をくぐり抜け、チベット第二の都市シカチェからラサへの道中。ラサに潜入した慧海は、チベット人を名乗り、医者として薬などを処方し、大活躍。ついには、法王に召されその盛名がますます高くなります。ラサの生活やチベット外交にも詳しくなります。しかしついに、素性が露顕しそうになり、チベット脱出を決意します。貴重な資料を持ち、幾重にも張り巡らされた関門を奇跡的にくぐり抜け、英領インドに到着し、日本へ帰国するまでの波瀾万丈の旅の記録です。
本書は、『西蔵旅行記』(1904、博文館)を底本とし、ノーカット版で、挿絵も全点収録しています。また、改訂版(1940年)と英訳本(1909年)も参照し、より完全な形になっています。学術文庫の五巻本を上下二巻本に再構成して刊行しました。

目次

  • 凡例
  • チベット人の誓言
  • 僧侶の目的
  • 婚姻
  • 送嫁の奇習
  • 多夫一妻
  • 晒し者と拷問
  • 刑罰の種類
  • 驚くべき葬儀
  • 奇怪なる妙薬
  • チベット探検者
  • 鎖国の原因
  • 不潔の都
  • 旧教と新教
  • 法王の選定
  • 子供の選択
  • 教育と種族
  • 豪族と最下族
  • 教育の奨励法
  • チベットの物産
  • 輸出入品と商売
  • 貨幣と版木
  • 願文会
  • 法王政府
  • 婦人の風俗
  • 婦人と産児
  • 児女と病人
  • 迷信と園遊
  • 舞踏
  • チベットとロシア
  • チベットと英領インド
  • 輿論
  • 清国とチベット
  • ネパールの外交
  • チベット外交の将来
  • モンラムの祭典
  • 投秘剣会
  • チベットの財政
  • チベットの兵制
  • チベット宗教の将来
  • 秘密露顕の端緒
  • 商隊長の秘密漏洩
  • チベット退去の意を決す
  • 恩人の義烈
  • 出発準備
  • 出発の準備整う
  • いよいよラサを出ず
  • ゲンパラの絶頂
  • 山路を辿って第三の都会に入る
  • いよいよ関所に近づく
  • 五重の関門
  • 第一の関門
  • 第一関門を通過す
  • 途上の絶景と兵隊町
  • 無事四関門を通過す
  • いよいよ五重の関門を通過す
  • チベットに別る
  • 荷物の延着、途中の滞留
  • ダージリンに旧師と再会す
  • 疑獄事件
  • 救解の方策
  • 大谷、井上、藤井三氏の切諫
  • 奥中将を軍営に訪う
  • 日本軍営の応対
  • ネパール国王に謁す
  • 護衛平氏の腕力
  • 首府カトマンズに向う
  • 国王代理に会う
  • 獄裡の友を懐う
  • 大王殿下の詰問
  • 再び宮殿に伺候す
  • ようやく目的を達す
  • 龍樹菩薩坐禅の巌窟
  • 故山に帰る(大団円)
  • あとがき 終わりよければすべてよし
  • 地図
  • 解説

製品情報

製品名 チベット旅行記(下)
著者名 著:河口 慧海
発売日 2015年02月10日
価格 定価 : 本体1,380円(税別)
ISBN 978-4-06-292279-1
判型 A6
ページ数 512ページ
電子版製品名 チベット旅行記(下)
シリーズ 講談社学術文庫
初出 本書は、川口慧海『チベット旅行記』(講談社学術文庫 全五巻)を上下巻に再構成したものです。再構成にあたり、"Three Years in Tibet"(1909)の最終章を訳出し、「終わりよければすべてよし」として収録しました。

オンライン書店で見る