日本語とはどういう言語か

講談社学術文庫
ニホンゴトハドウイウゲンゴカ
  • 電子あり
日本語とはどういう言語か
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「はるかぜ」というと温かい、「シュンプウ」というと春の風には違いないけれども何かちょっと厳しい感じがするというようなニュアンスの違いを、われわれはごく日常的に感じて生きている。距離感が違い、温度感の違う言葉を使い分ける。日本人は非常に繊細で、表現がニュアンスに富んでいるというが、それは日本人が繊細であるというより、日本語の構造が繊細であるということにすぎない。

日本語は、漢字と平仮名と片仮名の三つの文字からなり、平安中期以降は漢語・漢詩・漢文と和語・和歌・和文つまり漢語と和語との二重複線の歴史をたどった。
アルファベット文化圏の「言語学」では捨象されざるをえなかった、、
東アジア漢字文化圏の書字言語の諸現象。
なかでも構造的にもっとも文字依存度が高い言語といえる日本語の特質を
鋭くダイナミックにとらえた、石川日本語論の決定版。

目次

  • 文(かきことば)篇
  • 序 章 日本語の輪郭
  • 第一章 日本語とはどういう言語か
  • 第二章 日本語の書法
  • 第一節 日本語の書字方向
  • 第二節 日本語の文字
  • 言(はなしことば)篇
  • 第一講 日本語とはなにか
  • 第二講 文字とはなにか
  • 第三講 日本文化とはなにか
  • 第四講 日本文化論再考
  • 第五講 日本語のかたち
  • 第六講 声と筆蝕
  • 第七講 文字と文明

製品情報

製品名 日本語とはどういう言語か
著者名 著:石川 九楊
発売日 2015年01月09日
価格 定価 : 本体1,080円(税別)
ISBN 978-4-06-292277-7
判型 A6
ページ数 336ページ
電子版製品名 日本語とはどういう言語か
シリーズ 講談社学術文庫
初出 本書の原本は、2006年に中央公論新社より刊行されました。

著者紹介

著:石川 九楊(イシカワ キュウヨウ)

1945年福井県生まれ。京都大学法学部卒
業。書家・批評家。著書に『書の終焉』(同
朋社出版,サントリー学芸賞),『日本書史』
(名古屋大学出版会,毎日出版文化賞),『近
代書史』(名古屋大学出版会,大佛次郎賞)
など多数,作品集に『石川九楊源氏物語書巻五十五帖』などがある。

オンライン書店で見る