マッハとニーチェ 世紀転換期思想史

講談社学術文庫
マッハトニーチェセイキテンカンキシソウシ
著:木田元
  • 電子あり
マッハとニーチェ 世紀転換期思想史
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

マッハは、オーストリアの物理学者、科学史家、哲学者である。超音速の速度の単位もマッハにちなんでいる。二十世紀思想である現象学も、ゲシュタルト心理学も、アインシュタインの相対性理論も、ウィーン学団の論理実証主義も、ウィトゲンシュタインの後期思想も、ケルゼンの実証法学も、どれもこれもマッハの影響下に生まれた。ニーチェの最後期の思想「遠近法的展望」もマッハの「現象」の世界とほとんど重なり合う。物理学者と古典文献学者、まったく交流のなかった二人の思想家が、同時期に同じような世界像を描き、それが、十九世紀から二十世紀への思想の中心を流れる世界像を形作った。世紀転換期思想の中身を解読する。

目次

  • ・実証主義
  • ・現象学的物理学の構想
  • ・感性的要素一元論
  • ・ゲシュタルト理論の成立
  • ・マッハと現象学の系譜
  • ・レーニンとロシア・マッハ主義者たち
  • ・ウィトゲンシュタイン
  • ・ニーチェ<力への意志>の哲学
  • ・ホーフマンスタールとフッサール
  • ・ムージルとマッハ/ニーチェ

製品情報

製品名 マッハとニーチェ 世紀転換期思想史
著者名 著:木田元
発売日 2014年11月10日
価格 定価 : 本体1,130円(税別)
ISBN 978-4-06-292266-1
判型 A6
ページ数 352ページ
電子版製品名 マッハとニーチェ 世紀転換期思想史
シリーズ 講談社学術文庫
初出 本書の原本は、『大航海』25号(1998年12月)~40号(2001年10月)の連載をまとめて、2002年2月、新書館より刊行されました。

著者紹介

著:木田元(キダゲン)

1928-2014年。
哲学者。東北大学文学部卒業。中央大学名誉教授。
著書に『反哲学史』『現代の哲学』『わたしの哲学入門』『精神の哲学・肉体の哲学』(以上講談社)、『現象学』『ハイデガー』『ハイデガーの思想』『メルロ=ポンティの思想』(以上岩波書店)など、多数。

オンライン書店で見る