松下村塾

講談社学術文庫
ショウカソンジュク
著:古川薫
  • 電子あり
松下村塾
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

開塾にあたって松陰は「天下を奮発震動」させる人材が輩出すると予言した。松下村塾――それはわずか一年余の指導で、久坂玄瑞、高杉晋作、伊藤博文らの俊才を生み出した幕末の奇跡である。物置小屋を改造した粗末な塾舎では何があり、二十八歳の青年は塾生たちに何を教えたのか。塾の成立から閉鎖までを徹底検証、松陰の感化力と謎の私塾の全貌。(講談社学術文庫)

目次

  • はじめに
  • 第一章 開塾まで
  •  下田蹈海事件
  •  獄中の講義
  •  好学の家風
  • 第二章 割拠の思想
  •  塾 舎
  •  入 塾
  •  月 謝
  •  友 情
  •  華夷弁別
  • 第三章 指導と感化力
  •  引き出し喚起すること
  •  煙管を折るの記
  •  相労役
  •  不良少年
  •  送別のことば
  • 第四章 何を教えたか
  •  学 科
  •  学習の方法
  •  評 価
  •  飛耳長目
  • 第五章 対外活動
  •  官学との抗争
  •  交 流
  •  藩政への発言
  •  松下村塾の閉鎖
  •  塾生の「心死」を嘆く
  •  『留魂録』
  • 第六章 塾生架空座談会「村塾のころ」
  •  松陰の風貌
  •  学習風景
  •  村塾の人々
  • 松下村塾関係人名録
  • 松下村塾略年表
  • 参考文献一覧
  • 原本あとがき
  • 学術文庫版あとがき

製品情報

製品名 松下村塾
著者名 著:古川薫
発売日 2014年10月10日
価格 定価 : 本体760円(税別)
ISBN 978-4-06-292263-0
判型 A6
ページ数 208ページ
電子版製品名 松下村塾
シリーズ 講談社学術文庫
初出 本書の原本は、1995年8月、新潮社より刊行されました。

著者紹介

著:古川薫(フルカワカオル)

1925年,山口県下関市生まれ。山口大学教育学部卒業。教員を経て、山口新聞に入社。編集局長を務め、文筆活動に入る。1993年に『漂泊者のアリア』で第104回直木賞受賞。著書に『幕末・維新の群像 吉田松陰』『吉田松陰 留魂録』『松下村塾と吉田松陰』『高杉晋作』『山口県謎解き散歩』『十三人の修羅』『暗殺の森』『正午位置』『幻のザビーネ』ほか多数。

オンライン書店で見る