生きがい喪失の悩み

講談社学術文庫
イキガイソウシツノナヤミ
生きがい喪失の悩み
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ナチスの強制収容所での体験を記した世界的ベストセラー『夜と霧』で知られる心理学者で精神科医が、みずから創始した心理療法「ロゴテラピー」について語った講義・講演録。
どの時代にもそれなりの神経症があり、またどの時代もそれなりの精神療法を必要としている――と語るフランクルが看破した20世紀後半の深刻な病は、我々が抱える「底知れない無意味感」によって引き起こされている。それは、フロイトのいう「性的欲求不満」とも、アドラーのいう「劣等感」とも違う「実存的真空」と呼ぶべきものだという。
「生きることの意味」の模索によって、それを克服しようとする「ロゴテラピー」とはいかなるものか。「逆説的志向」「反省除去」「意味への意志」「実存的欲求不満」など、主要な概念を解説しながら、実際の症例を交えて語る。
明治大学教授の諸富祥彦氏が巻末解説を執筆。

〔原本:1982年、エンデルレ書店刊。 原著:Das Leiden am sinnlosen Leben,1977〕

目次

  • 訳者はしがき
  • 序論 生きがい喪失の悩み
  • 精神療法を再び人間的なものとするために
  •   フロイトとアドラーとユング 
  •   ロゴテラピー 
  •   逆説的志向 
  •   反省除去 
  •   意味への意志 
  •   実存的欲求不満 
  •   苦悩の意味 
  •   医療上の司牧 
  •   ロゴテラピーと宗教 
  •   力動的心理学主義の批判に寄せて 
  • 付録 精神医学者は現代の文学に対してどのように語っているか
  • 学術文庫版への訳者あとがき
  • 解説(諸富祥彦)
  • ロゴテラピーに関する著書精選

製品情報

製品名 生きがい喪失の悩み
著者名 著:フランクル,ヴィクトール.E 訳:中村 友太郎
発売日 2014年10月10日
価格 定価 : 本体880円(税別)
ISBN 978-4-06-292262-3
判型 A6
ページ数 256ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 本書の原本は、1982年にエンデルレ書店より刊行されました。

著者紹介

著:フランクル,ヴィクトール.E(フランクル,ヴィクトール.E)

Viktor Emil Frankl(1905-1997)。オーストリアの精神科医、心理学者。ナチスによる強制収容所での体験を元に著した『夜と霧』は世界的ロングセラー。他の著書に『死と愛』『それでも人生にイエスと言う』など。

訳:中村 友太郎(ナカムラ トモタロウ)

1937年東京生まれ。東京大学教養学部卒。上智大学文学部教授を経て、現在同大名誉教授。共編著に『未来の人間学』、訳書に『思索への34階梯』『教会史提要』など。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス
  • ローチケHMV