三国志演義 (四)

講談社学術文庫
サンゴクシエンギヨン
  • 電子あり
三国志演義 (四)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

西暦220年、後漢王朝の崩壊により乱世が到来。やがて、その中から魏、蜀、呉の三国が生まれ、三つ巴の戦いへと発展していった「三国時代」は、陳寿による『三国志』(3世紀末)や『新全相三国志平話』(元の至治年間に刊行とされる)、芝居などの民間芸能の世界で、連綿と語られ続けてきました。そして、「三国時代」から約1000年後。いくつもの「三国志」の物語や資料を整理・編纂し、フィクショナルな物語世界を構築して、現在知られる「三国志」物語のイメージを確立したとされるのが、羅貫中の白話(口語)長篇小説『三国志演義』です。
本書は、中国文学に精通した訳者が、その血沸き肉躍る、波乱万丈の物語を、背景となっている時代や思想にも目配りしたうえで、生き生きとした文体で翻訳しました。
最終巻では、魏・蜀・呉の三国分立態勢が確立したなかで、新ヒーロー「蜀の諸葛亮」が、魏を討つために六度の北伐をします。魏軍の司馬懿と諸葛亮の両者の激しい戦い。諸葛亮は「木牛」および「流馬」と称する大型輸送器械も発明した。死後も、「死せる諸葛、能く生ける仲達を走らす」と軍師の面目躍如です。魏、蜀が滅び、最後まで残っていた呉も、総勢数十万の晋軍に攻め落とされるのが、二八〇年のこと。司馬氏の晋が中国全土を統一、一八四年に勃発した黄巾の乱から約百年におよぶ、疾風怒濤の時代は終息したのでした。

目次

  • 登場人物紹介(第四巻)
  • 第九十一回 瀘水に祭って 漢相 師を班し 中原を伐たんとして 武侯 表を上る
  • 第九十二回 趙子龍 力めて五将を斬り 諸葛亮 智もて三城を取る
  • 第九十三回 姜伯約 孔明に帰降し 武郷侯 王朗を罵り死す
  • 第九十四回 諸葛亮 雪に乗じて 羌兵を破り 司馬懿 日を尅めて 孟達を擒う
  • 第九十五回 馬謖 諫めを拒んで 街亭を失い 武侯 琴を弾じて 仲達を退く
  • 第九十六回 孔明 涙を揮って 馬謖を斬り 周魴 髪を断って 曹休を賺く
  • 第九十七回 魏国を討たんとして 武侯 再び上表し 曹兵を破らんとして 姜維 詐って書を献ず
  • 第九十八回 漢軍を追って 王双 誅を受け 陳倉を襲って 武侯 勝ちを取る
  • 第九十九回 諸葛亮 大いに魏兵を破り 司馬懿 入りて西蜀に寇す
  • 第一百回 漢兵 塞を劫って 曹真を破り 武侯 陣に鬥わせて 仲達を辱しむ
  • 第一百一回 隴上に出でて 諸葛 神を妝い 剣閣に奔りて 張こう 計に中る
  • 第一百二回 司馬懿 北原・渭橋を占め 諸葛亮 木牛・流馬を造る
  • 第一百三回 上方谷にて 司馬 困しみを受け 五丈原にて 諸葛 星を禳う
  • 第一百四回 大星隕ちて 漢の丞相 天に帰り 木像を見て 魏の都督 胆を喪う
  • 第一百五回 武侯 預め錦嚢の計を伏せ 魏主 拆ちて承露盤を取る
  • 第一百六回 公孫淵 兵敗れて襄平に死し 司馬懿 病を詐りて曹爽を賺す
  • 第一百七回 魏主 政を司馬氏に帰し 姜維 兵を牛頭山に敗る
  • 第一百八回 丁奉 雪中に短兵を奮い 孫峻 席間に密計を施す
  • 第一百九回 司馬を困しむ 漢将の奇謀 曹芳を廃す 魏家の果報
  • 第一百十回 文鴦 単騎にて雄兵を退け 姜維 水を背にして大敵を破る
  • 第一百十一回 とう士載 智もて姜伯約を敗り 諸葛誕 義もて司馬昭を討つ
  • 第一百十二回 寿春を救いて 于詮 節に死し 長城を取りて 伯約 兵を鏖にす
  • 第一百十三回 丁奉 計を定めて 孫りんを斬り 姜維 陣を鬥わせて とう艾を破る
  • 第一百十四回 曹髦 車を駆って 南闕に死し 姜維 糧を棄てて 魏兵に勝つ
  • 『三国志演義』年表四
  • 第四巻の読みどころ

製品情報

製品名 三国志演義 (四)
著者名 訳:井波律子
発売日 2014年12月10日
価格 定価 : 本体1,700円(税別)
ISBN 978-4-06-292260-9
判型 A6
ページ数 672ページ
電子版製品名 三国志演義 (四)
シリーズ 講談社学術文庫
初出 本書は、2002-2003年に筑摩書房より刊行された『三国志演義』全7巻(ちくま文庫)を原本とし、それを4巻に再構成したものです。

オンライン書店で見る