恐竜の骨をよむ 古脊椎動物学の世界

講談社学術文庫
キョウリュウノホネヲヨムコセキツイドウブツガクノセカイ
  • 電子あり
恐竜の骨をよむ 古脊椎動物学の世界
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

太古の地上を闊歩した恐竜たち。近年の発見や研究の飛躍的な進捗は、従来の恐竜像を次々と書き換えている。地中から発掘されるバラバラの骨から、見る者を圧倒する巨大な骨格はどのようにして復元され、生時の姿を推定することが可能になるのか。本書は、比較解剖学、機能形態学を駆使して現生の脊椎動物類と比較検証し、恐竜の運動能力や生活のさまを明らかにする。最新の知見にもとづき、「復元」の視点から描き出す恐竜の実像。

目次

  • まえがき
  • 第一章 恐竜学への招待
  •  恐竜をみる  本物かレプリカか  全身の姿勢を見よう  前肢の観察ポイント  後肢の観察ポイント  体軸の観察ポイント
  •  コラム「方向用語」
  • 第二章 恐竜の骨学入門
  •  関節と骨化  生きている骨  骨情報をよむ  恐竜によって異なる仙前椎の数  頭が重くなると癒合する頚椎  進化につれて減っていく胸腰椎  仙椎癒合のバリエーション  力強い尾椎  胸郭と恐竜のプロポーション  前肢の骨  腰帯と姿勢  恐竜のまっすぐな大〓骨  〓骨と腓骨  鳥に似た足骨の発達
  •  コラム「骨の名前」
  • 第三章 骨がたどってきた道
  •  魚類から恐竜までの歴史  恐竜・爬虫類・哺乳類のちがい  恐竜の先祖と分類  竜盤類を定義する  鳥盤類の草食性に特化した特徴
  •  コラム「恐竜の名前の読み方、綴り方」
  • 第四章 古生物の復元法
  •  科学的な復元とは何か  復元の精度  組み立てと復元のちがい  基本姿勢と展示ポーズ  骨の同定と修復  組み立ての実際のプロセス  かつての復元法  新しい復元法  足痕化石による傍証  埋没姿勢は生時を反映する
  •  コラム「骨格復元の法則性」
  • 第五章 骨から姿勢を復元する
  •  肉食恐竜が二足性のわけ  側方型と下方型のちがい  基脚の方向と骨の形  脚の数  脊柱の傾きからみた姿勢  頭の向きと頚の形  胸郭の形  尻尾の位置と形  二足と四足でまったく異なる前肢の役割  発達した後肢
  •  コラム「立つことと歩くこと」
  • 第六章 骨から筋や生体を復元する
  •  筋復元図のつくり方  骨につく腱と筋  筋の作用  体格と骨の関係  体格と体重の推定  筋学を骨格復元に応用する  恐竜の皮膚、角質器の復元
  •  コラム「筋の種類」
  • 第七章 骨からみた運動復元
  •  走行適応  跳躍のメカニズム  登攀と腕渡り  さまざまな飛行・滑空動物  掘削と蟻食動物  動物の遊泳適応
  •  コラム「鳥と飛行の起源」
  • 第八章 骨からみた生活復元
  •  水・陸・空に適した体形とは  骨と生息地の関係  水生か陸生か  動物食に適した歯  植物食に適した歯  捕食と防御に適した体形  化石から読みとく生活様式
  • 引用文献
  • 原本あとがき
  • 学術文庫版あとがき
  • 本書に登場する恐竜小事典

製品情報

製品名 恐竜の骨をよむ 古脊椎動物学の世界
著者名 著:犬塚則久
発売日 2014年08月11日
価格 定価 : 本体1,000円(税別)
ISBN 978-4-06-292249-4
判型 A6
ページ数 304ページ
電子版製品名 恐竜の骨をよむ 古脊椎動物学の世界
シリーズ 講談社学術文庫
初出 2006年6月に日本放送出版協会よりNHKブックスとして刊行された『恐竜ホネホネ学』に加筆・改題したものです。

著者紹介

著:犬塚則久(イヌヅカノリヒサ)

1948年生まれ。京都大学大学院理学研究科地質学鉱物学専攻修士課程修了。理学博士。東京大学大学院医学系研究科生体構造学分野助手を経て、現在は古脊椎動物研究所代表。専門は哺乳類の古脊椎動物学、骨の比較解剖学・機能形態学。著書に『デスモスチルスの復元』『デスモスチルスの歩行機能に関する古生物学的研究』『恐竜復元』『ヒトのかたち5億年』『「退化」の進化学』、共著書に『絶滅した日本の巨獣』、訳書にピーター・D・ウォード『マンモス絶滅の謎』等がある。

オンライン書店で見る