道元「永平広録 真賛・自賛・偈頌」

講談社学術文庫
ドウゲンエイヘイコウロクシンサンジサンゲジュ
全訳注:大谷 哲夫
  • 電子あり
道元「永平広録 真賛・自賛・偈頌」
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

禅者であるだけではなく、たぐいまれな「さとりの詩人」でもあった道元。彼は幼いころから育まれた詩文の才により、生涯四〇〇首以上の偈頌(漢詩)を残していた。
祖師の頂相(肖像画)に寄せた賛頌である「真賛」、自身の頂相に寄せた辞である「自賛」、在宋時代から帰国後、越前時代に詠まれた観月、寓居、山居など応時応節の「偈頌」、計一五〇首を収録。
『永平広録』掉尾を飾る最終巻(巻十)の全訳註。道元が漢詩に詠んださとりの深奥を簡明に解説する。

目次

  • 玄和尚真賛  (5首)
  •  
  •    自賛  (20首)
  •  
  • 玄和尚偈頌  (125首)

製品情報

製品名 道元「永平広録 真賛・自賛・偈頌」
著者名 全訳注:大谷 哲夫
発売日 2014年06月11日
価格 定価 : 本体1,100円(税別)
ISBN 978-4-06-292241-8
判型 A6
ページ数 352ページ
電子版製品名 道元「永平広録 真賛・自賛・偈頌」
シリーズ 講談社学術文庫

著者紹介

全訳注:大谷 哲夫(オオタニ テツオ)

1939年、東京生まれ。早稲田大学第一文学部卒業、同大学院文学研究科東洋哲学専攻修了。駒澤大学大学院人文科学研究科仏教学専攻博士課程満期退学。曹洞宗宗学研究所所員、幹事、講師を経て、駒澤大学仏教学部教授、学長、総長を歴任。現在、北京大学客員教授、都留文科大学理事長、曹洞宗総合研究センター所長。
○主な著書
『祖山本永平広録考注集成』(上下、共監修、一穂社、1988~1989年)。
『和訳従容録』(柏プラーノ、1995年)。
『訓註永平広録』(上下、大蔵出版、1996~1997年)。
『永平の風 道元の生涯』(文芸社、2001年)。
『道元「永平広録・上堂」選』(講談社学術文庫、2005年)。
『道元「小参・法語・普勧坐禅儀」』(講談社学術文庫、2006年)。
『道元「永平広録・頌古」』(講談社学術文庫、2007年)。
『日本人のこころの言葉 道元』(創元社、2010年)。
『『正法眼蔵』『永平広録』用語辞典』(編著、大法輪閣、2012年)。
『道元読み解き事典』(編著、柏書房、2013年)。

オンライン書店で見る