すし物語

講談社学術文庫
スシモノガタリ
  • 電子あり
すし物語
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

1300年にわたる「すし」の日本史から、江戸時代の名店探索、米や魚の蘊蓄、地方特有のすし文化まで、多様な鮓・鮨・寿司を紹介。

目次

  • すしの食べ方
  • すしというもの
  • すしの歴史
  • 江戸前について
  • 関西のすし
  • すしのたね
  • すしの食べごろ
  • すし種の栄養価
  • すしの材料
  • すしことば
  • すしのにぎり方
  • こはだのすし
  • すし調理士
  • 調理士の職人気質
  • すしと客
  • すしの文献いろいろ
  • 明治のすし屋
  • 大きなすし
  • 二丁づけの始まり
  • すしを詠んだ川柳
  • 俳句にあらわれたすし
  • 有名なすし屋
  • 各地すし模様
  • すしの小咄
  • 鮒ずしの看板
  • 天皇とすし
  • 勧進能に売られたすし
  • 屋台見世
  • まぐろという魚
  • すしの怪談
  • 与兵衛のこと
  • 補記

製品情報

製品名 すし物語
著者名 著:宮尾しげを
発売日 2014年05月09日
価格 定価 : 本体980円(税別)
ISBN 978-4-06-292234-0
判型 A6
ページ数 296ページ
電子版製品名 すし物語
シリーズ 講談社学術文庫
初出 本書は井上書房(初版・再版・増補改訂版)、自治日報社出版局(新装版)、東京書房社(増補版)と七版を重ねてきたが、今回の講談社学術文庫版は、定本「すし物語」として刊行したもの。

オンライン書店で見る