デカルト哲学

講談社学術文庫
デカルトテツガク
  • 電子あり
デカルト哲学
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

デカルトといえば、「我思う故に我在り」。西洋近代哲学の生みの親、というのが通り相場です。とにかくすべてのものを疑ってみる。いかにもありそうなものも、じつは私が邪悪な神によってそう思い込まされているだけかもしれない。この徹底的な懐疑(=方法的懐疑)によっても、どうしても疑いえないものがある。それは、今そう考えている私は存在するということだ。おおざっぱにいえば、これが「我思う、ゆえにわれあり」で、これがたしかに近代哲学の出発点になりました。
しかし、デカルト哲学の魅力は、そのような教科書的な知識にあるのではない。
著者は、主著『省察』を中心に丁寧に読み解きながら、デカルトの思考の意味を析出していきます。そこには、世俗道徳を脱し、最高善を求める、孤高の哲学者のすがたが浮き上がってきます。
戦争、宗教、病気といった、きわめて今日的な課題も、おのずからデカルト哲学の思索と重なり合っていく。そのあざやかな展開は、まさに、哲学をすることの最良の果実といえます。

目次

  • 序章 思想を捨てる
  • 第一章 離脱道徳――精神的生活と世俗的生活
  • 第二章 懐疑――世俗的生活からの脱落
  • 第三章 死にゆく者の独我論
  • 第四章 哲学者の神
  • 第五章 最高善と共通善――善く生きること
  • 終章 魂の不死、私の死

製品情報

製品名 デカルト哲学
著者名 著:小泉義之
発売日 2014年04月10日
価格 定価 : 本体820円(税別)
ISBN 978-4-06-292231-9
判型 A6
ページ数 232ページ
電子版製品名 デカルト哲学
シリーズ 講談社学術文庫
初出 原本「デカルト=哲学のすすめ」は1996年、講談社より刊行された。

著者紹介

著:小泉義之(コイズミヨシユキ)

1954年、札幌市生まれ。1988年、東京大学大学院博士課程退学。現在、立命館大学教授。専攻は、哲学、倫理学。主な著書に、『兵士デカルト』(勁草書房)、『ドゥルーズ哲学』(講談社現代新書)、『弔いの哲学』『生殖の哲学』(河出書房新社)、共著に『ドゥルーズ/の現在』(平凡社)など多数。

オンライン書店で見る