イザベラ・バードの旅 『日本奥地紀行』を読む

講談社学術文庫
イザベラバードノタビニホンオクチキコウヲヨム
  • 電子あり
イザベラ・バードの旅 『日本奥地紀行』を読む
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

日本観光文化研究所所長時代に毎月行われた講義のうち、昭和51年9月から52年3月まで全7回の『日本奥地紀行』の講義録。講義は幕末・明治期の紀行文を通して民衆社会や世相史を読むというもの。一英国人女性旅行家が目をとめた不思議な国「日本」の事象をきっかけに、その資料的価値、バードの視点の出色さを指摘するにとどまらず、著者自身の比類ない観察眼と聞き取り調査に裏打ちされた該博な見識も、圧倒的説得力を持って縦横無尽に紡ぎ出され、宮本民俗学の入門書ともなっている。

目次

  • 地上の楽園
  • 蚤の大群
  • 子どもたち
  • 貧しさと豊かさ
  • 祭り
  • 女の一人旅
  • アイヌの人々

製品情報

製品名 イザベラ・バードの旅 『日本奥地紀行』を読む
著者名 著:宮本 常一
発売日 2014年04月10日
価格 定価 : 本体920円(税別)
ISBN 978-4-06-292226-5
判型 A6
ページ数 264ページ
電子版製品名 イザベラ・バードの旅 『日本奥地紀行』を読む
シリーズ 講談社学術文庫
初出 1984年に未來社より刊行された「旅人たちの歴史3 古川古松軒/イサベラ・バード」の後半にあたる「イサベラ・バードの旅―「日本奥地紀行」―」を底本とした。文庫化に当たっては、2002年に刊行された平凡社ライブラリー版「イザベラ・バードの「日本奥地紀行」を読む」、および東洋文庫版「日本奥地紀行」も参照した。

著者紹介

著:宮本 常一(ミヤモト ツネイチ)

1907(明治40)年、山口県に生まれる。民俗学者。天王寺師範学校卒。武蔵野美術大学教授。文学博士。日本観光文化研究所所長。1981(昭和56)年没。主著に『宮本常一著作集』(50巻)『私の日本地図』(15巻)。講談社学術文庫に『塩の道』『民間歴』『庶民の発見』『民俗学の旅』『ふるさとの生活』『日本文化の形成』がある。

オンライン書店で見る