日本風景論 新装版

講談社学術文庫
シンソウバンニホンフウケイロン
  • 電子あり
日本風景論 新装版
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

明治期の地理学者による、日本を地理学的に解説した初期の書籍であり、詩情豊かな文章でこの国の風土を讃えるものです。
明治27年に、日本でもっとも多く読まれた書籍です。
科学的・実証的な論述でありながら、日本文学の古典を豊富に引用し、明治画壇きっての名手である樋畑雪湖・海老名明四の挿画とあいまって、日本の自然の美しさを述べた古典的名著です。
日本人の景観意識に重要な変革を与えた記念碑的作品です。

目次

  • 一 緒論
  • 二 日本には気候、海流の多変多様なる事
  • 三 日本には水蒸気の多量なること
  • 四 日本には火山岩の多々なる事
  • 付録 登山の気風を興作すべし
  • 五 日本には流水の浸食激烈なる事
  • 六 日本の文人、詞客、画師、彫刻家、風懐の高士に寄語す
  • 七 日本風景の保護
  • 八 アジア大陸地質の研鑽、日本の地学家に寄語す
  • 九 雑感(花鳥、風月、山川、湖海の詞画について)
  • 解説 土方定一

製品情報

製品名 日本風景論 新装版
著者名 著:志賀重昂
発売日 2014年02月10日
価格 定価 : 本体1,000円(税別)
ISBN 978-4-06-292222-7
判型 A6
ページ数 384ページ
電子版製品名 新装版 日本風景論
シリーズ 講談社学術文庫
初出 1976年に刊行された講談社学術文庫「日本風景論」(上下)を一巻にまとめたもの。底本には「志賀重昂全集 第四巻」(昭和3年、志賀重昂全集刊行会)所収の「日本風景論」を用い、「日本風景論 第三版」(明治28年、政教社)を参照した。

著者紹介

著:志賀重昂(シガシゲタカ)

志賀重昂(しが しげたか)
1863年 -1927年。地理学者、評論家。)札幌農学校卒業。東京専門学校などで地理学を教える。「国粋保存主義」を説き、機関誌『日本人』を創刊。のち衆議院議員、英国王立地学協会会員など多彩な活動をした。著書に、『南洋時事』『地理学講義』『世界山水図説』『知られざる国々』など多数ある。

オンライン書店で見る