幻の東京オリンピック 1940年大会 招致から返上まで

講談社学術文庫
マボロシノトウキョウオリンピックセンキュウヒャクヨンジュウネンタイカイショウチカラヘンジョウマデ
  • 電子あり
幻の東京オリンピック 1940年大会 招致から返上まで
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

東京がオリンピック招致に成功したのは、今回の2020年で実は3回目である。1940年(昭和15年)に開催が予定されていた第12回オリンピック東京大会は、開催都市が自ら大会を返上した史上唯一のケースとなり、「幻のオリンピック」と呼ばれることとなった。
日本国内でも当初から「皇紀2600年記念」の国家行事として構想されたこの大会は、激しい誘致合戦に勝つためのヒトラーやムソリーニとの取り引き、満洲事変と国連脱退に対する厳しい国際世論、拡大する日中戦争のなかで起こり始めるボイコットの動きなど、最初から戦争と政治に振り回されていた。また、開催しても「満州国」は参加できるのか、天皇の開会宣言は可能なのか、など問題山積みのまま、準備は遅れに遅れていた。そんななか、招致に尽力したIOC委員・副島道正は、あえて「返上やむなし」と腹を決める――。
関東大震災からの復興をアピールし、名乗りを上げてからわずか5年で招致に成功しながら、返上に追い込まれるまでの経緯と関係者の苦闘を、長くスポーツ報道に携わった著者が描き出す。
『幻の東京オリンピック』(1994年・日本放送出版協会刊)の文庫化。

目次

  • 第一章 オリンピックを東京に―市長永田秀次郎の夢
  • 紀元二千六百年を記念して/腰の重い体育協会/ロサンゼルスの青い空/満州国は参加できるのか/ムソリーニの好意/オスロ総会の舞台裏
  • 第二章 招致実現に向けて―ヒトラーも協力
  • ベルリン大会を前に/IOC会長の変心/東京招致に成功/ナチス・オリンピック/日本選手団騒動
  • 第三章 戦火ただようなかで―問題山積の開催準備
  • 難航した組織委員会の発足/テレビ中継をめざして/メーンスタジアムはどこに/日中戦争勃発/対立と苦悩の組織委員会/四面楚歌のカイロ総会
  • 第四章 オリンピックの火は消えた―ついに大会を返上
  • 雄大な聖火リレー計画/着工できない競技場/東京大会ボイコットへ/国策に敗れたオリンピック/空白の祝祭
  • 学術文庫版のあとがき

製品情報

製品名 幻の東京オリンピック 1940年大会 招致から返上まで
著者名 著:橋本 一夫
発売日 2014年01月10日
価格 定価 : 本体960円(税別)
ISBN 978-4-06-292213-5
判型 A6
ページ数 288ページ
電子版製品名 幻の東京オリンピック 1940年大会 招致から返上まで
シリーズ 講談社学術文庫
初出 1994年に日本放送出版協会より刊行された。

著者紹介

著:橋本 一夫(ハシモト カズオ)

1932年鳥取県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。元NHK記者。スポーツを中心に取材活動を続け、東京、メキシコ、札幌、モスクワなどのオリンピック報道を担当した。現在、スポーツ史研究家。主な著書に『日本スポーツ放送史』(ミズノ・スポーツライター賞)、『明治生まれの「親分」アナウンサー』、共書に『最新スポーツ大事典』など。

オンライン書店で見る