忠臣蔵 もう一つの歴史感覚

講談社学術文庫
チュウシングラモウヒトツノレキシカンカク
  • 電子あり
忠臣蔵 もう一つの歴史感覚
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

誰がつくったのか。
なぜ愛されるのか。

日本人の心のうちに、「大石内蔵助」という名は一つの男の理想像として刻み込まれている。このイメージは、実は歴史上の人物像とは隔たりがある。それでは「忠臣蔵」という共同幻想をつくったのは、いったいだれなのか。そしてこの壮大なフィクションは、どのようにして歌舞伎最大の古典となり、時代を超えて一つの美意識を完成させるに至ったのか。

一つの美学が完成した。その流れをみれば、三人の名優が発明したことは、それぞれの時代におけるそれぞれのかたちであって、実は一つのものの表現にしかすぎないということがわかる。(中略)三人の名優の芸の系譜は、どんな時代にも、日本人の感性が一つのものを求めていたこと、少なくとも歌舞伎の世界の中では、一つの感性がこうしてとぎすまされ、それが一人の男の肖像として結実していったことを示している。――<本書より>

※本書の原本は、1981年、白水社より刊行されました。

目次

  • 元禄十四年三月十四日<口の暦>
  • 近松門左衛門の手紙
  • 文盲の吾妻三八
  • もう一人の大石内蔵助
  • 竹田一族の興亡
  • 元禄十五年十二月十四日<中の暦>
  • 中村松江の恋
  • 尾上菊五郎の性根
  • 偏癡気先生の視点
  • 粋と肚
  • 元禄十六年二月四日<切の暦>

製品情報

製品名 忠臣蔵 もう一つの歴史感覚
著者名 著:渡辺 保
発売日 2013年11月11日
価格 定価 : 本体1,150円(税別)
ISBN 978-4-06-292203-6
判型 A6
ページ数 368ページ
電子版製品名 忠臣蔵 もう一つの歴史感覚
シリーズ 講談社学術文庫
初出 原本は、1981年、白水社より刊行されたもの。解説は中公文庫版に付けられたものを収録。付録は「舞台という神話」(1994年 新潮社刊)から収録、初出は収録作品参照。

著者紹介

著:渡辺 保(ワタナベ タモツ)

1936年東京生まれ。演劇評論家。慶應義塾大学経済学部卒。東宝演劇部企画室を経て慶應義塾大学、東京大学、淑徳大学等で教鞭を執り、放送大学名誉教授。おもな著書に『女形の運命』『娘道成寺『四代目市川団十郎』『黙阿弥の明治維新』『江戸演劇史』『明治演劇史』など。

オンライン書店で見る