記号論2

講談社学術文庫
キゴウロン
記号論2
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

『フーコーの振り子』の著者が問う「記号生産の理論」!
記号、あるいは記号の連鎖が作り出されるとはどのようなことか。
意味作用とコミュニケーションをめぐる思索は、いよいよ核心へ。

記号が作り出されるとはどのようなことか。記号生産の様式を認知、直示、模像、創案の四型に類型化。美的テクストなどの記号が表示義を絶えず新しい共示義に変えて行くさまを描出する。信号がその内容といかに相関するかという様式についても検討し、過剰コード化やコードの転換により新たな意味作用が生成する現象をも分析。記号という営みの核心に迫る!

メッセージとコードは両者の間に保たれる緊密な弁証法的な相互関係を通して、たがいに相手を養い合う。この関係を通じて受信者は新しい記号現象の可能性を意識し、それによって言語全体――すなわち、語られて来たこと、語りうること、語られうるし、また語られるべきことから成る遺産のすべて――を考え直すように仕向けられるのである。……意味体系を変えるということは、文化が世界を「見る」やり方を変えるということである。――<本書より>

※本書の原本は、1996年に岩波書店より刊行されました。

目次

  • 第3章 記号生産の理論
  • 第4章 記号論の主体

製品情報

製品名 記号論2
著者名 著:ウンベルト・エーコ 訳:池上 嘉彦
発売日 2013年10月10日
価格 定価 : 本体1,350円(税別)
ISBN 978-4-06-292195-4
判型 A6
ページ数 472ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 原本は、1996年に岩波書店より刊行。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス
  • ローチケHMV