インド仏教思想史

講談社学術文庫
インドブッキョウシソウシ
  • 電子あり
インド仏教思想史
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

初期仏教から部派仏教、そして大乗仏教、密教へ――
仏教とはなにか

古代インドの歴史と思想潮流の中に仏教は生まれた。その教義は仏教思想の中核をなしつつ、初期仏教(原始仏教)、部派仏教、大乗仏教と展開し、チベット、東南アジア、中国、日本へと広がってゆく――。仏教思想の源流であるインド仏教を歴史にそって追い、その基本思想と重要概念、諸思想の変遷を精緻に読み解く、斯界の碩学によるインド仏教思想入門。

※本書の原本は、1975年6月、第三文明社よりレグルス文庫の一冊として刊行されました。

目次

  • 序章
  • 第一章 初期仏教
  •  第一節 前史
  •  第二節 仏教の誕生
  •  第三節 初期仏教の思想
  • 第二章 部派仏教
  •  第一節 部派の成立
  •  第二節 アビダルマ
  • 第三章 大乗仏教
  •  第一節 大乗仏教の興起
  •  第二節 初期大乗仏教経典
  •  第三節 ナーガールジュナ
  •  第四節 如来蔵・仏性思想
  •  第五節 唯識説
  •  第六節 仏教論理学(因明)と哲学
  •  第七節 密教

製品情報

製品名 インド仏教思想史
著者名 著:三枝 充悳
発売日 2013年09月11日
価格 定価 : 本体900円(税別)
ISBN 978-4-06-292191-6
判型 A6
ページ数 256ページ
電子版製品名 インド仏教思想史
シリーズ 講談社学術文庫
初出 原本は、1975年6月、第三文明社よりレグルス文庫の一冊として刊行されたもの。

著者紹介

著:三枝 充悳(サイグサ ミツヨシ)

1923~2010。東京大学文学部哲学科卒業後、ミュンヘン大学に留学、Ph.D.を受ける。筑波大学教授、日本大学教授などを歴任。専攻は宗教哲学・仏教学・比較思想。文学博士。著書に『東洋思想と西洋思想』『龍樹・親鸞ノート』『阿含経を読む』『仏教入門』『バウッダ[佛教]』『縁起の思想』『大乗とは何か』などのほか、「三枝充悳著作集(全8巻)」がある。

オンライン書店で見る