王陽明「伝習録」を読む

講談社学術文庫
オウヨウメイデンシュウロクヲヨム
  • 電子あり
王陽明「伝習録」を読む
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

中国・明代の儒学者、王陽明。その当時、新儒教として学術思想界の主座にあった朱子学の論理構造を批判的に継承した彼の実践的儒学は、陽明学として結実する。近世以降の中国のみならず、わが国でも大塩中斎や吉田松陰、西郷隆盛ら、変革者たちの理論的背景となった思想とは何か。陽明学の最重要書籍を原テキストにしたがって読み解き、その精髄に迫る。

製品情報

製品名 王陽明「伝習録」を読む
著者名 著:吉田公平
発売日 2013年05月09日
価格 定価 : 本体1,280円(税別)
ISBN 978-4-06-292172-5
判型 A6
ページ数 432ページ
電子版製品名 王陽明「伝習録」を読む
シリーズ 講談社学術文庫
初出 原本は、1988年3月、角川書店より「鑑賞 中国の古典」第10巻『伝習録』として刊行されたもの。なお、本文庫は同書の著者の執筆部分で構成し、同書中にあった「伝習録の窓」は割愛した。

オンライン書店で見る