近代日本思想の肖像

講談社学術文庫
キンダイニホンシソウノショウゾウ
  • 電子あり
近代日本思想の肖像
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

吉本隆明、柄谷行人、廣松渉、丸山眞男……
夏目漱石、宮沢賢治、三島由紀夫、村上春樹……
彼らの思想が交錯するところに日本の近代を見通す快著!!

日本の近代史においては、文学者や文芸批評家が、思想の中心的な担い手となってきた。もちろん、広く影響力をもった哲学者もいるが、近代日本思想の影響力の中心につねに文学があったのは、なぜなのか。吉本隆明、柄谷行人、三島由紀夫、丸山眞男、埴谷雄高など、文学と哲学が交錯する地点でその思想の特質を再検証する、注目の社会学者の力作論考。

※本書は、2005年、紀伊國屋書店より刊行された『思想のケミストリー』に、『<不気味なもの>の政治学』(新書館、2000年)所収論文二編を追加し、改題し、再編集したものです。

目次

  • まえがきに代えて 哲学と文学を横断すること
  • 1
  • <ポストモダニスト>吉本隆明
  • 柄谷行人、予言の呪縛
  • 原罪論――廣松渉とともに
  • 掙扎の無思想――竹内好のナショナリズム
  • 丸山眞男ファシズム論のネガ
  • トカトントンをふりはらう――丸山眞男と太宰治
  • 2
  • 明治の精神と心の自律性――漱石『こゝろ』講義
  • 啄木を通した9・11以降――「時代閉塞」とは何か
  • ブルカニロ博士の消滅――賢治・大乗仏教・ファシズム
  • 三島由紀夫、転生の破綻――『金閣寺』と『豊饒の海』
  • 男はなぜ幼子を抱いたのか――埴谷雄高『死霊』論
  • 村上春樹『アンダーグラウンド』は何を見ようとしたのか
  • 世界を見る眼――村上春樹『アフターダーク』を読む
  • 3
  • 巫女の視点に立つこと
  • まれびと考――折口信夫『死者の書』から
  • 原本あとがき

製品情報

製品名 近代日本思想の肖像
著者名 著:大澤 真幸
発売日 2012年03月13日
価格 定価 : 本体1,100円(税別)
ISBN 978-4-06-292099-5
判型 A6
ページ数 368ページ
電子版製品名 近代日本思想の肖像
シリーズ 講談社学術文庫
初出 2005年、紀伊國屋書店より刊行された「思想のケミストリー」に「<不気味なもの>の政治学」(新書館、2000年)所収論文二編を追加し、改題し、再編集したもの。

著者紹介

著:大澤 真幸(オオサワ マサチ)

1958年生まれ。千葉大学助教授、京都大学教授を歴任。日本を代表する社会学者の一人。著書に、『ナショナリズムの由来』(毎日出版文化賞)、『行為の代数学』『身体の比較社会学』『量子の社会哲学』『近代日本のナショナリズム』など多数。個人思想誌「THINKING O』主宰。

オンライン書店で見る