経団連と増税政治家が壊す本当は世界一の日本経済

講談社+α新書
ケイダンレントゾウゼイセイジカガコワスホントウハセカイイチノニホンケイザイ
  • 電子あり
経団連と増税政治家が壊す本当は世界一の日本経済
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

 東芝の不正経理、日産自動車の検査不備、神戸製鋼の検査データ改竄……なぜ今、バブル経済を牽引した日本の代表的企業に不祥事が続発しているのか、そして業績が低迷しているのか? 実はその裏には、経団連企業が政権と一体化して既得権を死守していくなか、創造力を失っていった実態が隠されている。
 390兆円もの企業の内部留保は、いったい誰のためにあるのか? この巨額マネーの向かう先を変えれば、景気回復が鮮明となってきた日本経済は、再び成長期を迎える!

目次

  • 序 章 小泉進次郎の慧眼
  • 第1章 390兆円の内部留保の真実
  • 第2章 経団連と大企業の大罪
  • 第3章 日本人の働き方が悪いのか
  • 第4章 日本のベンチャーが凄い
  • 終 章 消費増税に見る経団連の陰謀

製品情報

製品名 経団連と増税政治家が壊す本当は世界一の日本経済
著者名 著:上念 司
発売日 2018年02月22日
価格 定価 : 本体860円(税別)
ISBN 978-4-06-291521-2
判型 新書
ページ数 240ページ
電子版製品名 経団連と増税政治家が壊す本当は世界一の日本経済
シリーズ 講談社+α新書

著者紹介

著:上念 司(ジョウネン ツカサ)

上念司(じょうねん・つかさ)

 1969年、東京都に生まれる。中央大学法学部法律学科卒業。日本長期信用銀行、臨海セミナーに勤務したあと独立。2007年、勝間和代氏と「株式会社監査と分析」を設立し、取締役・共同事業パートナーに就任。2011年の東日本大震災に際しては勝間氏と共に「デフレ脱却国民会議」を設立し、事務局長に就任。震災対策として震災国債を日本銀行の買いオペ対象とすることを要求。白川方明総裁までの日本銀行の政策を強く批判してきた。また、2013年5月の参議院予算委員会で開かれた公聴会では、「私たちが一番恐れるべきはデフレだ。アベノミクスの第1の矢は極めて正しい」と発言した。
 著書には、ベストセラーになった『財務省と大新聞が隠す本当は世界一の日本経済』『習近平が隠す本当は世界3位の中国経済』(以上、講談社+α新書)、『「日銀貴族」が国を滅ぼす』 (光文社新書)、 『異次元緩和の先にあるとてつもない日本』(徳間書店)、『経済で読み解く大東亜戦争』(ベストセラーズ)などがある。

オンライン書店で見る