街角の煙草屋までの旅 吉行淳之介エッセイ選

講談社文芸文庫
マチカドノタバコヤマデノタビヨシユキジュンノスケエッセイセン
  • 電子あり
街角の煙草屋までの旅 吉行淳之介エッセイ選
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

豊潤な感性と犀利な筆致が彩なす人生の味わい

坂の上の角の煙草屋まで行くのも旅だと考え、自分の住んでいる都会の中を動くことに、旅の意味を見出す表題作。小説作品のモチーフになった色彩体験を原風景に遡って検証する「石膏色と赤」ほか、心に残る幼年時代の思い出、交遊、文学観、なにげない日常の暮らしや社会への思いなど、犀利な感性と豊かな想像力を通して綴る「人生の達人」の珠玉のエッセイ選。吉行文学の創造の秘密が詰まった47篇。

久米勲
吉行さんの随筆を読む場合は、文章そのものが持っている香気をそのまま受けとり、ああ、佳い文章とはこういうものだったんだと、酔ってくれればいい。それが、小説を読むときとの違いであり、その違いをたのしむのが、読む人を豊かにしてくれるうれしさだと、いつも吉行随筆に触れるたびに感じている。――<「解説」より>

製品情報

製品名 街角の煙草屋までの旅 吉行淳之介エッセイ選
著者名 著:吉行 淳之介
発売日 2009年06月10日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-290053-9
判型 A6
ページ数 288ページ
電子版製品名 街角の煙草屋までの旅 吉行淳之介エッセイ選
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 新潮社刊「吉行淳之介全集」第12巻、第13巻、第14巻(1998年9月、10月、11月)を底本として、多少ふりがなを加え、明らかな誤植と思われる箇所は正したが、原則として底本に従った。

オンライン書店で見る