自民党秘史 過ぎ去りし政治家の面影

講談社現代新書
ジミントウヒシスギサリシセイジカノオモカゲ
  • 電子あり
自民党秘史 過ぎ去りし政治家の面影
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「政策」が大事だという。その通りである。
が、政治の基本は「人」である。
一昔前、永田町にはというより自民党には「人」がいて、いろいろな「顔」が見えた。「顔」がしっかりと見える政治だった。
もちろんとんでもない「顔」もあった。
しかしノッペラボーと金太郎飴ばかりよりましである。
(「はじめに」より)

田中角栄・大平正芳・金丸信・竹下登・・・・・・あのころの政治家は、どこか器の大きさを感じさせられた。自民党取材歴40年・伝説の政治記者が語る、驚愕と禁断と哀愁のエピソード。


【本書の内容 】

第一部 政局の人間模様
 第一話 夜明けの二本足
 第二話 六さんの八面六臂
 第三話 角栄邸の正月
 第四話 十年たっても竹下さん
 第五話 ドン金丸の「常識」
 第六話 小渕さんの気配り
 第七話 携帯の世代交代
 第八話 シンキロウの孤独

第二部 永田町人物列伝
 第九話 ヤマテーの矜持
 第十話 才人と呼ばないで
 第十一話 新生クラブの椅子
 第十二話 ハラケンの土下座
 第十三話 宇宙人の「させていただく」
 第十四話 「宰相夫人」菅見

第三部 新聞記者見聞録
 第十五話 首相動静
 第十六話 一声百行
 第十七話 つまらなければ鑑真
 第十八話 学歴不問

目次

  • 第一部 政局の人間模様
  •  第一話 夜明けの二本足
  •  第二話 六さんの八面六臂
  •  第三話 角栄邸の正月
  •  第四話 十年たっても竹下さん
  •  第五話 ドン金丸の「常識」
  •  第六話 小渕さんの気配り
  •  第七話 携帯の世代交代
  •  第八話 シンキロウの孤独
  • 第二部 永田町人物列伝
  •  第九話 ヤマテーの矜持
  •  第十話 才人と呼ばないで
  •  第十一話 新生クラブの椅子
  •  第十二話 ハラケンの土下座
  •  第十三話 宇宙人の「させていただく」
  •  第十四話 「宰相夫人」菅見
  • 第三部 新聞記者見聞録
  •  第十五話 首相動静
  •  第十六話 一声百行
  •  第十七話 つまらなければ鑑真
  •  第十八話 学歴不問

製品情報

製品名 自民党秘史 過ぎ去りし政治家の面影
著者名 著:岡崎 守恭
発売日 2018年01月18日
価格 定価 : 本体800円(税別)
ISBN 978-4-06-288460-0
判型 新書
ページ数 232ページ
電子版製品名 自民党秘史 過ぎ去りし政治家の面影
シリーズ 講談社現代新書

著者紹介

著:岡崎 守恭(オカザキ モリヤス)

岡崎守恭(おかざきもりやす)
1951年、東京都板橋区生まれ。
1973年、早稲田大学人文学科卒、日本経済新聞社入社。
北京支局長、編集委員、政治部長、大阪本社編集局長、常務執行役員名古屋代表、
テレビ東京メディアネット社長などを歴任。
1990年、「“ブッシュ”ホン」で流行語大賞(銀賞)受賞。
政治記者としては首相官邸、自民党、外務省など、一貫して政府・与党を担当したが、政治部長として当時の社会党、共産党、民主党、創価学会首脳らとも幅広く交流。
本筋の政局取材だけでなく、政財界の渦に翻弄された初代のNTT社長人事、国鉄の分割民営化につながった「土光臨調」の答申など、政治の周辺でのスクープも多い。
中国駐在の時代は当時の江沢民国家主席、李鵬首相ら中国共産党首脳と日経の会見を次々に実現して話題になった。

オンライン書店で見る