ニッポンの奇祭

講談社現代新書
ニッポンノキサイ
  • 電子あり
ニッポンの奇祭
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

カメラマン・小林紀晴が撮る、日本全国の奇祭。
長野御柱祭の地で生まれ育った著者は、土着的な要素を感じる「奇祭」に惹かれ、全国を旅する。
祭りの時にだけ顔を見せるかつての人の想い。カメラのファインダー越しに感じる古の神々。本来、撮れるはずのないものたち。
遠い過去の日本人を目撃する異色の写真紀行。

目次

  • 長野から南へ
  • 一、御柱祭/長野県諏訪地方
  • 二、パーントゥ/沖縄県宮古島
  • 三、ショチョガマ・平瀬マンカイ/鹿児島県奄美大島
  • 四、ケベス祭/大分県国東市
  • 五、銀鏡神楽/宮崎県西都市
  • 六、椿山虫送り/高知県仁淀川町
  • 関東の祭り
  • 七、大野の送神祭/埼玉県ときがわ町
  • 八、テンゴウ祭り/埼玉県秩父市
  • 九、脚折雨乞/埼玉県鶴ヶ島市
  • 東北の祭り
  • 十、蘇民祭/岩手県奥州市
  • 十一、相馬野馬追/福島県相馬市、南相馬市
  • 十二、木幡の幡祭り/福島県二本松市
  • 再び、長野へ
  • 十三、和合の念仏踊り/長野県阿南町
  • 十四、道祖神祭り/長野県野沢温泉村
  • 十五、新野の雪祭り/長野県阿南町
  • 十六、御射山祭/長野県富士見町

製品情報

製品名 ニッポンの奇祭
著者名 著:小林 紀晴
発売日 2017年08月17日
価格 定価 : 本体900円(税別)
ISBN 978-4-06-288441-9
判型 新書
ページ数 264ページ
電子版製品名 ニッポンの奇祭
シリーズ 講談社現代新書

著者紹介

著:小林 紀晴(コバヤシ キセイ)

1968年長野県に生まれ。東京工芸大学短期大学部写真科卒業。新聞社カメラマンを経て、1991年よりフリーランスフォトグラファーとして独立。1995年に「ASIAN JAPANESE」でデビュー。1997年「DAYS ASIA」で日本写真協会新人賞受賞。2013年 写真展「遠くから来た舟」で第22回林忠彦賞受賞。写真集に、『homeland』(NTT出版)、『days New york』(平凡社)、『SUWA』(アクセスパブリッシング)などがある。著書に『ASIA ROAD』(講談社文庫)、『父の感触』(文藝春秋)、『メモワール 写真家・古屋誠一との二〇年』(集英社)、『だからこそ、自分にフェアでなければならない。 プロ登山家・竹内洋岳のルール』(幻冬舎文庫)などがある。

オンライン書店で見る