牙を研げ 会社を生き抜くための教養

講談社現代新書
キバヲトゲカイシャヲイキヌクタメノキョウヨウ
  • 電子あり
牙を研げ 会社を生き抜くための教養
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

胃袋がちぎれるような毎日を送る企業人必読!
〈知の巨人〉が、ビジネスパーソンに送る、知力と人間力を高める驚きの講義!

・旧日本陸軍マニュアルに学ぶ仕事術
・世界のエリートの思考法を理解するための宗教入門
・論理の崩れを見抜く力をいかに鍛えるか
・地政学を知ることで、激動する国際情勢がわかる
・資本主義という世の中のカラクリをつかむ
・これだけは知っておきたい日本近現代史
・エリートの数学力低下という危機
・本をいかに選び、いかに読むか……

会社の内外を生き抜くために欠かせないほんとうの教養とは?
組織論から宗教学の基本まで、知の巨人が総合知を伝授!

「私は『教養のための教養』という類いの教養主義には反対だ。教養は、直接もしくは間接に、仕事や生活と結びつかなくてはならないと思っている。私自身が過去に教養関連で出したのはほとんどが、『間接に』役立つ、哲学、神学、マルクス経済学、歴史学などの本だった。今回は、『直接に』役立つ本を作ってみようと思った」

「ビジネスパーソンは、激しい競争のなかで生きている。この現実を踏まえたうえで、教養について考えてみた。誰も公言はしないが、組織のなかで生き残るためには『狡さ』が必要だ。例えば、本書のなかでも強調しているのが、独断専行だ。一般には独断専行は、旧大日本帝国の悪弊で、組織の病理であると断罪されている。しかし、実際、官庁でも民間企業でも、仕事で評価される人は、独断専行の使い方をよく心得ている。ただし、状況判断をせずに独断専行をすると、過剰な責任を追及されるリスクがある。落とし穴に落ちないように注意しつつ、上手に立ち回る方法についても本書ではかなり踏み込んで書いた」--(「まえがき」より)

目次

  • 第一章 中間管理職のための仕事術―独断専行の研究
  • 第二章 ビジネスパーソンのための宗教入門―国際社会を動かす論理を体得する
  • 第三章 論理力を鍛える―論理的思考法の身につけ方
  • 第四章 教養としての地政学―国際ニュースの読み方
  • 第五章 貧困と資本主義―商品社会のカラクリ
  • 第六章 ビジネスパーソンのための日本近現代史―なぜ学び直さなくてはならないのか
  • 第七章 武器としての数学―組織力を高めるために
  • おわりに 体験的読書術

製品情報

製品名 牙を研げ 会社を生き抜くための教養
著者名 著:佐藤 優
発売日 2017年04月18日
価格 定価 : 本体840円(税別)
ISBN 978-4-06-288421-1
判型 新書
ページ数 288ページ
電子版製品名 牙を研げ 会社を生き抜くための教養
シリーズ 講談社現代新書
初出 本書は、東京・大手町で2016年1月~3月に開かれた「社会人のための使える教養」(全5回)、同じく2016年8月、9月に開かれた「ビジネスパーソンのための新書読書術」(全5回)をもとに、大幅に加筆・修正をおこない、まとめたものです。

著者紹介

著:佐藤 優(サトウ マサル)

1960年東京都生まれ。作家、元外務省主任分析官。1985年に同志社大学大学院神学研究科修了後、外務省入省。在ロシア日本国大使館勤務などを経て、本省国際情報局分析第一課に配属。主任分析官として対ロシア外交の分野で活躍した。2005年に著した『国家の罠―外務省のラスプーチンと呼ばれて』で鮮烈なデビューを飾り、翌2006年の『自壊する帝国』(いずれも新潮社)で大宅壮一ノンフィクション賞、新潮ドキュメント賞を受賞。現代新書に訳・解説『現代語訳 貧乏物語』がある。

オンライン書店で見る