ビートたけしと北野武

講談社現代新書
ビートタケシトキタノタケシ
ビートたけしと北野武
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

差別・暴力・宗教・科学…

現代社会の「欺瞞」、そして「ビートたけし」と「北野武」の
「二面性」にも迫った、画期的論考!

-----

今年1月、「お笑いBIG3」の一人、ビートたけしが古希を迎えました。

もともと漫才師として出発した彼は、本名の北野武名義で

映画監督として活躍すると同時に、

俳優としてもドラマ・映画に多く出演し、存在感を示してきました。

そこでは、実在する著名人や現実に起こった社会的事件の当事者を

演じたことも少なくありません。

たとえば、1968年の出来事と出演したドラマを重ねると、こんな感じになります。

・2月、ビートたけし(A)が静岡県で暴力団員を殺害後、寸又峡の旅館に立て籠もる
・12月、ビートたけし(B)が東京・府中市で現金輸送車を乗っ取る
・なお、この強奪現場と塀を挟んで向こう側の府中刑務所には、強姦致傷事件でビートたけし(C)が服役していた

もちろん、実際には、(A)=金嬉老、(B)=3億円事件の犯人、(C)=大久保清

となるわけですが、これら以外にも、たけしは東条英機、田岡一雄、千石剛賢、

エホバの証人輸血拒否事件で死亡した男児の父親、豊田商事会長刺殺事件の

犯人など、実に多くの人物を演じてきました。

以上の作品では、宗教・暴力・差別など、日本の社会ではタブーとされがちな

テーマが取り上げられています。

そこで本書では、出演したドラマ・映画作品を補助線としつつ、

彼の半生や二面性について、戦後ニッポンの変容を重ね合わせながら論考します。

これまでにないたけし論、日本社会論として一気読み必至の一冊!

-----

◆本書のおもな内容◆
序 章 たけしの演じた人物で年表をつくってみた
第1章 母親の喪失――大久保清と北野武を分けたもの
第2章 差別と暴力――金嬉老・三億円事件・写真週刊誌
第3章 宗教と科学――イエスの方舟・エホバの証人・バイク事故
終 章 戦後ニッポンに内在する二面性と欺瞞

目次

  • ◆序 章 たけしの演じた人物で年表をつくってみた
  • たけしの育った風景を求めて/大石内蔵助から立川談志まで/伊丹十三が語った日欧の俳優の違い/たけし扮する人物は「似ていない?」/役柄の二面性と「振り子の理論」/「ビートたけし」と「北野武」 ほか
  • ◆第1章 母親の喪失――大久保清と北野武を分けたもの
  • たけし起用への反対意見/大久保母の「息子殺し」/たけし母の強い信念/たけしと大久保の差異/「おいらはよ」と言い始めたワケ//一億総中流社会のなかで/二人のコンプレックス ほか
  • ◆第2章 差別と暴力――金嬉老・三億円事件・写真週刊誌
  • 自ら望んだ役/「川向こう」と呼ばれて/差別に対する考え方/金嬉老からの手紙/三億円事件が起きた日/内田裕也も怖気立った凶行シーン/写真週刊誌ブームとその終焉/活動自粛中に得たもの ほか
  • ◆第3章 宗教と科学――イエスの方舟・エホバの証人・バイク事故
  • 「おまえらの面倒は一生見る」/千石のおっさんはオレに似ている/ラジオで“教祖”にまつりあげられる/人間は信仰のために死にもする/自らの意志で手術を拒否したたけし/麻原彰晃との対談 ほか
  • ◆終 章 戦後ニッポンに内在する二面性と欺瞞
  • 病床で口にしたある人物の名前/新宿で二人はすれ違ったのか?/日本人に見出した「諦観の念」/戦後日本の二面性と欺瞞/西田敏行とビートたけし/「堤清二」と「辻井喬」/「ビートたけし」「北野武」以外の「三番目の人格」/お笑いBIG3は幸せか ほか

製品情報

製品名 ビートたけしと北野武
著者名 著:近藤正高
発売日 2017年03月14日
価格 定価 : 本体800円(税別)
ISBN 978-4-06-288417-4
判型 新書
ページ数 228ページ
シリーズ 講談社現代新書

著者紹介

著:近藤正高(コンドウマサタカ)

1976年愛知県生まれ。ライター。サブカルチャー誌「クイック・ジャパン」(太田出版)の編集アシスタントを経て1997年よりフリーランス。「ユリイカ」「週刊アスキー」「ビジスタニュース」「エキサイトレビュー」など雑誌やウェブへの執筆多数。著書に『タモリと戦後ニッポン』(講談社現代新書)、『私鉄探検』(ソフトバンク新書)、『新幹線と日本の半世紀』(交通新聞社新書)。現在、ウェブサイト「文春オンライン」にて毎日その日にちなんだ記事「ご存知ですか?」を、「cakes」にて物故した著名人の足跡をたどるコラム「一故人」を連載中。
ブログ : Culture Vulture(http://d.hatena.ne.jp/d-sakamata/)
ツイッター : @donkou

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス
  • ローチケHMV