日本経済入門

講談社現代新書
ニホンケイザイニュウモン
  • 電子あり
日本経済入門
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

本書はリアルな日本経済の入門書である。単に日本経済の現状がどうなっているかを説明するだけではなく、現状の認識の上に立って、どこにどのような問題があるかを明らかにし、問題の処方箋を呈示している。
日本経済は様々の困難な問題を抱えている。とりわけ問題なのは、1990年代の中ごろをピークとして、さまざまな経済指標が減少傾向を示している点だ。背景には、人口構造が高齢化しつつあるという問題があるが、それだからこそ、経済の生産性を向上させる必要に迫られている。
しかし、日本では、この3年間、金融緩和政策に大きな関心が集まり、日本経済の抱える問題が金融緩和によって解決されるような錯覚に陥ってきた。しかしながら、結局のところ、未曾有の量的緩和政策は、株価を一時的に上昇させただけで、実態経済は依然として低迷している。日本経済の抱える問題は、金融緩和だけで解決できるものでないのだ。
日本はこの3年間という貴重な時間を無為に過ごし、無駄にした。しかし今からでも遅くはない。日本経済の発展のためになすべきことはたくさんある。それを明らかにするのが本書の目的だ。

目次

  • 第1章 経済活動をどんな指標でとらえるか
  • 第2章 製造業の縮小は不可避
  • 第3章 製造業就業者は全体の6分の1まで減少
  • 第4章 ピケティの仮説では日本の格差問題は説明できない
  • 第5章 物価の下落は望ましい
  • 第6章 異次元金融緩和政策は失敗に終わった
  • 第7章 深刻な労働力不足が日本経済を直撃する
  • 第8章 膨張を続ける医療・介護費
  • 第9章 公的年金が人口高齢化で維持不可能になる
  • 第10章 日銀異次元金融緩和は事実上の財政ファイナンス
  • 第11章 新しい技術で生産性を高める

製品情報

製品名 日本経済入門
著者名 著:野口 悠紀雄
発売日 2017年03月15日
価格 定価 : 本体800円(税別)
ISBN 978-4-06-288416-7
判型 新書
ページ数 256ページ
電子版製品名 日本経済入門
シリーズ 講談社現代新書

著者紹介

著:野口 悠紀雄(ノグチ ユキオ)

一九四〇年東京生まれ。六三年東京大学工学部卒業、六四年大蔵省入省、七二年エール大学Ph.D.(経済学博士号)を取得。一橋大学教授、東京大学教授、スタンフォード大学客員教授、早稲田大学大学院ファイナンス研究科教授などを経て、二〇一一年年四月より早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問、一橋大学名誉教授。専攻はファイナンス理論、日本経済論。著書に『情報の経済理論』(東洋経済新報社、日経経済図書文化賞)、『財政危機の構造』(東洋経済新報社、サントリー学芸賞政治・経済部門)、『バブルの経済学』(日本経済新聞社、吉野作造賞)、『「超」整理法』(中公新書)、近著に『変わった世界 変わらない日本』(講談社)、『戦後経済史』(東洋経済新報社)など

オンライン書店で見る