ジャニーズと日本

講談社現代新書
ジャニーズトニホン
  • 電子あり
ジャニーズと日本
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ジャニーズとは何なのか?
どうして日本人はこれほどまで、ジャニーズタレントに魅せられてきたのか?

ジャニ―喜多川氏が日本で芸能を志したのは、終戦後すぐ。
「ジャニ―喜多川」とは、芸名ではなく本名であり、彼は正真正銘のアメリカ人。時代をつかむタレントを数々生み出してきました。
ですが、アイドル冬の時代が90年代初頭に訪れます。そこで、新たな装いでこれまでのアイドル性を打破してできてたのが、SMAP。

本書は、ジャニーズがどんな音楽を生み出し、人気を博していったのかを時代ごとに丹念に追い、戦後の大衆文化史を読みなおします。

ここで詳しくは語れませんが、SMAPは解散してもしなくても、SMAPであり続けてほしい。そんな願いが込められた一冊です。

目次

  • はじめに
  • 第一章 ジャニーズとは何か 
  • 第二章 ジャニーズ結成
  • 第三章 郷ひろみからディスコへ
  • 第四章 それぞれのアメリカ
  • 第五章 80年代とジャパニスム
  • 第六章 SMAPが開拓した道
  • 第七章 ジャニーズがもたらすもの
  • おわりに

製品情報

製品名 ジャニーズと日本
著者名 著:矢野 利裕
発売日 2016年12月13日
価格 定価 : 本体760円(税別)
ISBN 978-4-06-288402-0
判型 新書
ページ数 240ページ
電子版製品名 ジャニーズと日本
シリーズ 講談社現代新書

著者紹介

著:矢野 利裕(ヤノ トシヒロ)

批評家、ライター、DJ。昭和58年、東京都生まれ。東京学芸大学大学院修士課程修了。著書に『SMAPは終わらない』(垣内出版)、共著に大谷能生・速水健朗・矢野利裕『ジャニ研!』(原書房)、宇佐美毅・千田洋幸編『村上春樹と一九九〇年代』(おうふう)など。

オンライン書店で見る