「イスラム国」と「恐怖の輸出」

講談社現代新書
イスラムコクトキョウフノユシュツ
  • 電子あり
「イスラム国」と「恐怖の輸出」
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

IS「建国」1年。
新たなテロ指令を発し、ますます不安定化する世界の現実を、
インテリジェンス、危機管理のエキスパートが詳細に解き明かす!

なぜISの勢いは衰えないのか?
関係各国の思惑とは?
アメリカの決定的失敗とは?
これからのキーワードは「フランチャイズ化」と「一匹狼型テロ」
「敵」となった日本と日本人の自衛策は?

テロ対策の専門家として、イスラム過激派の動向をウォッチし続けてきた著者が、ニュースではわからない真実を明らかにする。

製品情報

製品名 「イスラム国」と「恐怖の輸出」
著者名 著:菅原 出
発売日 2015年07月16日
価格 定価 : 本体760円(税別)
ISBN 978-4-06-288327-6
判型 新書
ページ数 224ページ
電子版製品名 「イスラム国」と「恐怖の輸出」
シリーズ 講談社現代新書

著者紹介

著:菅原 出(スガワラ イズル)

菅原 出(すがわら いずる)
国際政治アナリスト、危機管理コンサルタント。1969年東京生まれ。中央大学法学部政治学科卒業。アムステルダム大学政治社会学部国際関係学科卒業。国際関係学修士。在蘭日系企業勤務、フリーのジャーナリスト、東京財団リサーチフェロー、英国系危機管理会社G4S Secure Solutions Japan役員を経て現職。米国を中心とする外交、中東の安全保障やテロリズム、インテリジェンス研究が専門で、米国、アフガニスタン、パキスタン、イラクと世界中を駆け巡る。著書に『アメリカはなぜヒトラーを必要としたのか』『外注される戦争―民間軍事会社の正体』(以上、草思社)、『戦争詐欺師』(講談社)、『秘密戦争の司令官オバマ』(並木書房)、『リスクの世界地図』(朝日新聞出版)『海外進出企業の安全対策ガイド』(共著・並木書房)など多数。本格的な地政学リスク分析で定評のある会員制ニュースレター『ドキュメント・レポート』も発行している。

オンライン書店で見る