ヴァロワ朝 フランス王朝史2

講談社現代新書
ヴァロワチョウフランスオウチョウシニ2
  • 電子あり
ヴァロワ朝 フランス王朝史2
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

カペー、ヴァロワ、ブルボンと続くフランス王朝の歴史を描けるのは、
この人しかいない!
ヴァロワ朝の歴史を描く待望の第2弾。

ヴァロワ朝創設より始まったイングランドとの百年戦争、
国内有力諸侯との駆け引き。
イタリアへの夢、神聖ローマ帝国皇帝との確執、
そして血みどろの宗教戦争……。
相次ぐ戦争と金策の日々。
歴代王の心労絶えない260年間は、
後に続くブルボンの輝く絶対王政への長き助走期間だったか。



フランスを救え──。
百年戦争のときのジャンヌ・ダルクの叫びはフランス人の心を鼓舞したが……。
神のためには死ねる。しかしフランスのためには死ねるか?
ましてやフランス王のためには??
こうした中でも一歩一歩、王家の国造りは進む。

製品情報

製品名 ヴァロワ朝 フランス王朝史2
著者名 著:佐藤 賢一
発売日 2014年09月17日
価格 定価 : 本体920円(税別)
ISBN 978-4-06-288281-1
判型 新書
ページ数 368ページ
電子版製品名 ヴァロワ朝 フランス王朝史2
シリーズ 講談社現代新書

著者紹介

著:佐藤 賢一(サトウ ケンイチ)

1968年山形県鶴岡市生まれ。東北大学大学院文学研究科西洋史学専攻博士課程単位取得満期退学、以降作家活動に専念。
1999年『王妃の離婚』(集英社)で第121回直木賞を受賞。作品はほかに『傭兵ピエール』『オクシタニア』『小説フランス革命』(以上、集英社)、『二人のガスコン』(講談社)、『双頭の鷲』(新潮社)、『黒い悪魔』『褐色の文豪』(文藝春秋)など多数。またノンフィクションに『ダルタニャンの生涯──史実の「三銃士」』(岩波新書)、『英仏百年戦争』(集英社新書)がある。本書は『カペー朝』(講談社現代新書)に次ぐ、「フランス王朝史」第2弾である。

オンライン書店で見る