SFを実現する 3Dプリンタの想像力

講談社現代新書
エスエフヲジツゲンスルスリーディープリンタノソウゾウリョク
  • 電子あり
SFを実現する 3Dプリンタの想像力
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「情報処理」から「物質変換」へ
おどろきの未来はもう始まっている!


私は「3Dプリンタで何がつくれるのですか」という質問をよく受けるのですが、
そのたびに「ワープロで何が書けるのですか」や
「ピアノで何が弾けるのですか」という質問と同じような奇妙さを感じてしまいます。

3Dプリンタをはじめとするデジタル工作機械は、
既存の何かを効率化したり、つくりだしたりするツールというよりも、
……創造や発想を刺激する「発明」ツールだと常々考えてきたからです。

3Dプリンタは、私たちに「何をつくりたいのか」を問いかけているのです。
――本文より

目次

  • まえがき モノとインターネット
  • 第1章 SFとFAB――空想から現実へ
  • 第2章 メディアとFAB――情報から物質へ
  • 第3章 パソコンとFAB――「つかう」から「つくる」へ
  • 第4章 地域・地球環境とFAB――グローバルからグローカルへ
  • 第5章 「ものづくり」とFAB――工場から工房へ
  • 第6章 デジタルとFAB――そして「フィジタル」へ
  • 第7章 日本とFAB
  • リアル・バーチャリティ あとがきに代えて

製品情報

製品名 SFを実現する 3Dプリンタの想像力
著者名 著:田中 浩也
発売日 2014年05月16日
価格 定価 : 本体840円(税別)
ISBN 978-4-06-288265-1
判型 新書
ページ数 280ページ
電子版製品名 SFを実現する 3Dプリンタの想像力
シリーズ 講談社現代新書

著者紹介

著:田中 浩也(タナカ ヒロヤ)

田中浩也(たなか・ひろや)
1975年、北海道札幌市に生まれる。京都大学総合人間学部、同大学院人間環境学研究科、東京大学工学系研究科社会基盤学専攻修了。博士(工学)。マサチューセッツ工科大学(MIT)建築学科客員研究員などを経て、現在、慶應義塾大学環境情報学部(SFC)准教授。ネットワークと3Dを組み合わせた創造性支援の研究を続けながら、日本における「ファブラボ」「ファブシティー」の推進者としても知られる。2014年現在、総務省「『ファブ社会』の展望に関する検討会」の座長を務めている。著書に『FabLife――デジタルファブリケーションから生まれる「つくりかたの未来」』などがある。

オンライン書店で見る