プロ野球 名人たちの証言

講談社現代新書
プロヤキュウメイジンタチノショウゲン
  • 電子あり
プロ野球 名人たちの証言
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

【「一流が一流たる理由」と「プロの極意」がわかる貴重な証言の数々】

田中将大、大型契約の背景とは。

王貞治が川上哲治から学び、金田正一から教えられ、イチローに驚かされたこととは。

広岡達朗「長嶋茂雄を見てください。『どうやって打つんですか?』と聞いても、明確な答えは返ってきません。なぜなら現役時代、彼は無意識でプレーしていたからなんです。そして、これが本物のスーパースターなんですよ。無意識でプレーできなければ一流とは言い難い」

黒江透修「ミスターが四タコだったような日は特に大変でしたよ。遠征先の宿舎に戻ってくるなり、ミスターは全裸になり、僕たちはパンツ一丁になって打撃練習のお手伝い」

高橋善正「王さんと長嶋さんはキャンプでも率先して練習し、紅白戦もオープン戦もフル出場する。ONがあれだけ真剣に練習していたら、誰も手を抜くことなんてできないよ」


【主な内容】
序 章 メジャーリーグと日本野球
     田中将大、大型契約の背景 ほか
第1章 王貞治かく語りき
第2章 極意の証言
     1 梨田昌孝:コンニャク打法の真実 ほか
     2 西山秀二:桑田真澄のコントロール/イチローの究極スイング ほか
     3 高橋慶彦:江夏豊の逆算、古葉竹識の器 ほか
     4 得津高宏:金田正一監督の遺産 ほか
     5 究極を見た打者たち:内川聖一/青木宣親 ほか
第3章 投手という世界
     1 小谷正勝:山口鉄也を作った男 ほか
     2 高橋善正:澤村拓一と大学野球 ほか
     3 スライダーとフォーク:成田文男/上原浩治
第4章 V9巨人とその遺産
     1 荒川博:一本足打法のルーツ ほか
     2 黒江修透:牧野茂コーチの力 ほか
     3 高田繁:ONのすごみ ほか
     補論 野村克也の川上哲治論
第5章 達人たちの視点
     1 広岡達朗:ヤクルト、西武の優勝の裏で ほか
     2 関根潤三:大谷翔平は面構えがいい/根本陸夫との縁
     3 村上孝雄:仰木、古葉、長嶋、稲尾…… ほか

目次

  • 序 章 メジャーリーグと日本野球
  •      田中将大、大型契約の背景
  •      日本人ショートはなぜ潰されるのか
  • 第1章 王貞治かく語りき
  •      WBCと日本代表
  •      川上哲治監督の遺産
  •      ボールの中をバットが通り過ぎるように
  •      大石、山田、江夏……伝説の舞台裏
  • 第2章 極意の証言
  •      1 梨田昌孝「監督と捕手のあいだ」
  •      2 西山秀二「マスク越しの視点」
  •      3 高橋慶彦「練習は質より量」
  •      4 得津高宏「打撃の系譜学」
  •      5 究極を見た打者たち:内川聖一/青木宣親/野村野球の後継者/バレンティン
  • 第3章 投手という世界
  •      1 小谷正勝「名伯楽の投手育成術」
  •      2 高橋善正「シュートピッチャーの心意気」
  •      3 スライダーとフォーク:成田文男=最高のスライダーを投げた投手/上原浩治が打たれない理由
  • 第4章 V9巨人とその遺産
  •      1 荒川博「王貞治はいかにして生まれたか」
  •      2 黒江修透「V9巨人の真実」
  •      3 高田繁「ゴールデングラブとGM」
  •      補論 野村克也の川上哲治論
  • 第5章 達人たちの視点
  •      1 広岡達朗「指導者あることの矜持」
  •      2 関根潤三「元祖二刀流の眼」
  •      3 村上孝雄「伝説のスカウトの着眼」

製品情報

製品名 プロ野球 名人たちの証言
著者名 著:二宮清純
発売日 2014年03月18日
価格 定価 : 本体850円(税別)
ISBN 978-4-06-288256-9
判型 新書
ページ数 304ページ
電子版製品名 プロ野球 名人たちの証言
シリーズ 講談社現代新書
初出 講談社PR誌『本』連載「新日本野球紀行」(2008年7月号~2014年4月号)を元に再構成し、加筆・修正を加えたもの。

著者紹介

著:二宮清純(ニノミヤセイジュン)

(にのみや せいじゅん)1960年愛媛県生まれ。スポーツ紙や流通紙の記者を経てフリーランスのスポーツジャーナリストとして独立。株式会社スポーツコミュニケーションズ(http://www.ninomiyasports.com/)代表取締役。『最強のプロ野球論』『プロ野球の一流たち』(ともに講談社現代新書)など著書多数。

オンライン書店で見る