「反日」中国の真実

講談社現代新書
ハンニチチュウゴクノシンジツ
  • 電子あり
「反日」中国の真実
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

2012年の日本政府による尖閣諸島国有化に始まる、日中関係の悪化。
それは1972年の国交正常化以来最悪といわれるもので、いまでもその余波はおさまっていない。
では、なぜ過去に例がないほどに中国で「反日」の嵐が吹き荒れたのか?
抗日から生まれた国家という、共産中国の源流もさることながら、
その背景には1950年代の大躍進、60年代の文化大革命など、
共産党政権下で崩壊が進んだ社会道徳、
1980年代の開放政策以降拡大してきた社会の歪み、
共産党内の動揺、既得権益層内部での権力闘争の対立など、
中国社会で現在進行するさまざまな動乱要因があった。
ベテラン特派員が、丹念な取材からその深層を明らかにする。
「反日」を知るために欠かせない一冊。

目次

  • 第一章 愛国は最高の徳目である
  • 第二章 愛国主義と民主化のせめぎあい
  • 第三章 日の丸強奪事件は終わっていない
  • 第四章 毛沢東崇拝と薄熙来事件
  • 第五章 太子党・習近平が率いる強国路線
  • 第六章 破られた「愛」のプラカード
  • 第七章 憎しみを増す戦争記念館
  • 第八章 苦悩する南京からの道
  • 第九章 政治的武器に転じる経済
  • 第十章 「反日」「反中」を乗り越えて

製品情報

製品名 「反日」中国の真実
著者名 著:加藤 隆則
発売日 2013年03月14日
価格 定価 : 本体800円(税別)
ISBN 978-4-06-288197-5
判型 新書
ページ数 288ページ
電子版製品名 「反日」中国の真実
シリーズ 講談社現代新書

著者紹介

著:加藤 隆則(カトウ タカノリ)

加藤隆則(かとう たかのり)
1962年、東京生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。1986~87年、北京で語学留学。88年、読売新聞入社。東京本社社会部で司法・皇室を担当。2005年7月から11年3月まで上海支局長。11年6月から読売新聞中国総局長。著書に『中国社会の見えない掟──潜規則とは何か』 (講談社現代新書)」、共著に『日中の壁』(築地書館)、『中国環境報告』(日中出版)など。

オンライン書店で見る