死刑と正義

講談社現代新書
シケイトセイギ
著:森 炎
  • 電子あり
死刑と正義
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「ある日、家族が侵入者に殺害されたら」「社会の安全が揺らいだら」――。
裁判員制度下、市民は正義の判断を下さなければならなくなった。何が死刑と無期懲役を分けるのか。その裁きを決める根拠とは。秋葉原通り魔事件、光市母子殺害事件、附属池田小児童殺傷事件などを手掛かりに、元裁判官が問いかける現代の罪と罰。

目次

  • 序章 裁判員は人を殺す自由を手に入れる!?
  • 第1章 死刑空間(1)「市民生活と極限的犯罪被害」
  •     ――ある日、突然、家族が侵入者に殺害されたら
  • 第2章 死刑空間(2)「大量殺人と社会防衛」
  •     ――秋葉原通り魔事件は死刑で終わりか
  • 第3章 死刑空間(3)「永劫回帰する犯罪性向」
  •     ――殺人の前刑を終えてまた殺人をくりかえしたら
  • 第4章 死刑空間(4)「閉じられた空間の重罪」
  •     ――親族間や知人間の殺人に社会はどう対処すべきか
  • 第5章 死刑空間(5)「金銭目的と犯行計画性の秩序」
  •     ――身代金目的誘拐殺人は特別か
  • 第6章 変形する死刑空間A「被告人の恵まれない境遇」
  •     ――釈然としない言い訳の意味はどこにあるか
  • 第7章 変形する死刑空間B「心の問題、心の闇と死刑」
  •     ――異常心理と責任能力の混迷を断つ
  • 第8章 変形する死刑空間C「少年という免罪符」
  •     ――人を殺して少年が更生すればそれでよいのか
  • 第9章 変形する死刑空間D「死刑の功利主義」
  •     ――賠償金で死刑を免除するのは正しいか
  • 終章 死刑の超越論的根拠を撃つ

製品情報

製品名 死刑と正義
著者名 著:森 炎
発売日 2012年11月16日
価格 定価 : 本体760円(税別)
ISBN 978-4-06-288183-8
判型 新書
ページ数 256ページ
電子版製品名 死刑と正義
シリーズ 講談社現代新書

著者紹介

著:森 炎(モリ ホノオ)

森 炎(もり ほのお)
一九五九年東京都生まれ。東京大学法学部卒。東京地裁、大阪地裁などの裁判官を経て、現在、弁護士(東京弁護士会所属)。裁判官時代には、官民交流で、最高裁から民間企業に派遣され、一年間、三井住友海上火災保険株式会社に出向勤務した。著書に、『量刑相場』『なぜ日本人は世界の中で死刑を是とするのか』(いずれも幻冬舎新書)、『裁く技術』(小学館101新書)、『裁判員のためのかみくだき刑法』(学研新書)、『あなたが裁く! 「罪と罰」から「1Q84」まで』(日本経済新聞出版社、韓国語版マングル・ビッネム社)、『シャル ウィ ジャッジ? 裁判員制度Q&A200』『私にもできる刑事裁判』(いずれもパロディ社、後者は二〇一一年舞台化)など、最新刊に『司法殺人』(講談社)がある。

オンライン書店で見る