日本を滅ぼす消費税増税

講談社現代新書
ニッポンヲホロボスショウヒゼイゾウゼイ
日本を滅ぼす消費税増税
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

国会で話題沸騰の「消費増税亡国論」をわかりやすく解説。著者菊池英博氏は衆参両院の予算公聴会に公述人として出席、「今日本に必要なのは消費税増税ではなく、積極的投資減税と公共投資」と発言し、衝撃を与えた。本書は国民の負担を減らして、社会保障を充実させる経済学の決定版となる。
第1章 日本はすでに平成恐慌である
第2章 デフレ発生から15年、日本経済を検証する
第3章 恐慌の歴史に学ぶということ
第4章 財政危機は偽りである
第5章 投資と成長戦略をどう実行するか
終章  いま日本が取るべき道

目次

  • 第1章 日本はすでに平成恐慌である
  •     ――均衡財政目標で経済が失速
  • 第2章 デフレ発生から一五年、日本経済を検証する
  •     ――政治家と財務省が取った政策の失敗
  • 第3章 恐慌の歴史に学ぶということ
  •     ――昭和恐慌と米国大恐慌
  • 第4章 財政危機は偽りである
  •     ――日本は世界一財源の豊富な国
  • 第5章 投資と成長戦略をどう実行するか
  •     ――クリントン・モデルに学ぶ
  • 終章 いま日本が取るべき道
  •     ――恐慌型デフレ解消から成長路線へ
  • むすびに 「二一世紀の対立軸」を超えて

製品情報

製品名 日本を滅ぼす消費税増税
著者名 著:菊池 英博
発売日 2012年11月16日
価格 定価 : 本体760円(税別)
ISBN 978-4-06-288181-4
判型 新書
ページ数 224ページ
シリーズ 講談社現代新書

著者紹介

著:菊池 英博(キクチ ヒデヒロ)

1936年に生まれる。1959年、東京大学教養学部卒業(国際関係論・国際金融論専攻)。東京銀行(現三菱東京UFJ銀行)へ入行。数々の要職を歴任する。American Biographical Institute "Men of The Year 1990" 受賞。1995年から文京女子大学(現文京学院大学)教授、同大学院経営額研究科教授。2007年からは経済アナリスト、日本金融財政研究所所長。1998年の大恐慌以降、衆参両院の予算公聴会に公述人として出席、銀行の株式保有制限、デフレ対策、純債務で見た日本の財政再建策などを提案。医療崩壊防止に関する論文も多数ある。
著書に『銀行の破綻と競争の経済学』(東洋経済新聞社)、『増税が日本を破壊する』『消費税は0%にできる』(いずれもダイヤモンド社)などがある。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス
  • ローチケHMV