自己愛な人たち

講談社現代新書
ジコアイナヒトタチ
自己愛な人たち
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「自己愛というものはいまひとつつかみどころがなく、またこの言葉に対する反応も一定せず、人それぞれといった傾向が強いように思われる。…きわめて人間くさく、しかも根源的な要素に違いなく、ならばさまざまな側面が自己愛には備わっていることになる。そうでなければ、人間はもっと単純で薄っぺらで退屈な存在でしかあるまい。…」著者の春日武彦氏はこう述べています。

自分を大事にできなければ、生きづらいし、他人を大事にすることもできません。けれども、反対に、自分の中で自己愛をいい按配にコントロールできなければ、どこか独りよがりになってしまうし、やはり生きづらいし、人間関係でも、相手にじわじわストレスを与えることになってしまいます。
そんなふうにつきあいかたが難しいのが、自己愛なのです。

本書では、著者自身の経験から文学作品まで、自己愛にどうも折り合いがつけられない困った人たちのエピソードを通して、自己愛について探究していきます。「ああ、こんな人いるいる!」と思いながら、どこか自分の心の中も覗き込むことにもなる、そんなエッセイです。

目次

  • 第1章 自己愛に似たもの
  • 第2章 目立ちたがる人たち
  • 第3章 折り合いをつける
  • 第4章 他人を巻き込む
  • 第5章 変装する自己愛
  • 第6章 持て余す自己愛

製品情報

製品名 自己愛な人たち
著者名 著:春日 武彦
発売日 2012年06月15日
価格 定価 : 本体740円(税別)
ISBN 978-4-06-288160-9
判型 新書
ページ数 192ページ
シリーズ 講談社現代新書

著者紹介

著:春日 武彦(カスガ タケヒコ)

1951年生まれ。日本医科大学卒業。医学博士。6年間婦人科医として勤務した後、障害児を産んだ母親のフォローを契機に精神科医になる。精神保健福祉センター、都立松沢病院、都立墨東病院勤務などを経て、現在は東京未来大学こども心理学部教授。近く臨床の現場に復帰予定。
『幸福論』(講談社現代新書)、『病んだ家族、散乱した室内』(医学書院)、『不幸になりたがる人たち』(文春新書)など一般向けの著書多数。医療従事者向けの『援助者必携 はじめての精神科』『「治らない」時代の医療者心得帳』(医学書院)などの本音で説く指導書にも定評がある。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス
  • ローチケHMV