日本の国防――米軍化する自衛隊・迷走する政治

講談社現代新書
ニホンノコクボウ
  • 電子あり
日本の国防――米軍化する自衛隊・迷走する政治
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

混迷する普天間飛行場の移設問題、
高まる中国の脅威、
繰り返されるPKO派遣、
加速する自衛隊と米軍との一体化……

冷戦後の20年で何が変わったのか?
困ったときの米軍頼みは、はたしてほんとうに有効なのか?

日々の断片的なニュースだけではわからない全論点が、
一冊でわかる最良の入門書!

目次

  • まえがき
  • 序 章 冷戦の落とし子
  • 第1章 防衛省と自衛隊 巨大組織の内側
  • 第2章 湾岸トラウマをこえて
  • 第3章 同盟強化か、自衛隊の米軍化か
  • 第4章 普天間問題とは何か 日米同盟のアキレス腱
  • 第5章 尖閣諸島は守れるのか
  • あとがき

製品情報

製品名 日本の国防――米軍化する自衛隊・迷走する政治
著者名 著:久江 雅彦
発売日 2012年01月18日
価格 定価 : 本体720円(税別)
ISBN 978-4-06-288139-5
判型 新書
ページ数 192ページ
電子版製品名 日本の国防 米軍化する自衛隊・迷走する政治
シリーズ 講談社現代新書

著者紹介

著:久江 雅彦(ヒサエ マサヒコ)

1963年、千葉県生まれ。85年、早稲田大学政治経済学部政治学科卒。毎日新聞社に入社し、青森支局、政治部などを経たのち、92年に共同通信社入社。政治部で首相官邸、自民党、防衛庁、外務省などを担当。2000年11月から03年3月までワシントン特派員。現在、共同通信政治部次長兼編集委員。

著書に『9・11と日本の外交』『米軍再編――日米「秘密交渉」で何があったか』(ともに講談社現代新書)、共著に『空白の宰相――「チーム安倍」が追った理想と現実』(講談社)がある。

オンライン書店で見る