ふしぎなキリスト教

講談社現代新書
フシギナキリストキョウ
  • 電子あり
ふしぎなキリスト教
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

キリスト教がわからないと、現代日本社会もわからない――。

イエスは神なのか、人なのか。
GODと日本人の神様は何が違うか?
どうして現代世界はキリスト教由来の文明がスタンダードになっているのか?
知っているつもりがじつは謎だらけ……
日本を代表する二人の社会学者が徹底対論!

目次

  • 第1部 一神教を理解する――起源としてのユダヤ教
  • 第2部 イエス・キリストとは何か
  • 第3部 いかに「西洋」をつくったか

製品情報

製品名 ふしぎなキリスト教
著者名 著:橋爪 大三郎 著:大澤 真幸
発売日 2011年05月18日
価格 定価 : 本体840円(税別)
ISBN 978-4-06-288100-5
判型 新書
ページ数 352ページ
電子版製品名 ふしぎなキリスト教
シリーズ 講談社現代新書

著者紹介

著:橋爪 大三郎(ハシヅメ ダイサブロウ)

(はしづめ だいさぶろう)
1948年生まれ。東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。現在、東京工業大学教授。社会学者。著書に『はじめての構造主義』『はじめての言語ゲーム』(ともに講談社現代新書)、『世界がわかる宗教社会学入門』(ちくま文庫)などがある。

著:大澤 真幸(オオサワ マサチ)

(おおさわ まさち)
1958年生まれ。東京大学大学院社会学研究科博士課程修了。社会学博士。千葉大学助教授、京都大学教授を歴任。著書に『ナショナリズムの由来』(講談社、毎日出版文化賞受賞)、『「正義」を考える』(NHK出版新書)、『量子の社会哲学』(講談社)などがある。

オンライン書店で見る