ニッポンの思想

講談社現代新書
ニッポンノシソウ
  • 電子あり
ニッポンの思想
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

これまでになかった日本の現代思想史が登場!

浅田彰、中沢新一、蓮實重彦、柄谷行人から、福田和也、大塚英志、宮台真司、そして東浩紀まで──。
思想家たちの論点・対立点を示す試み。

目次

  • プロローグ 「ゼロ年代の思想」の風景
  • 第1章 「ニューアカ」とは何だったのか?
  • 第2章 浅田彰と中沢新一──「差異化」の果て
  • 第3章 蓮實重彦と柄谷行人──「テクスト」と「作品」
  • 第4章 「ポストモダン」という「問題」
  • 第5章 「90年代」の三人──福田和也、大塚英志、宮台真司
  • 第6章 ニッポンという「悪い場所」
  • 第7章 東浩紀の登場
  • 第8章 「動物化」する「ゼロ年代」

製品情報

製品名 ニッポンの思想
著者名 著:佐々木 敦
発売日 2009年07月17日
価格 定価 : 本体800円(税別)
ISBN 978-4-06-288009-1
判型 新書
ページ数 352ページ
電子版製品名 ニッポンの思想
シリーズ 講談社現代新書

オンライン書店で見る