ニッポンの刑事たち

ニッポンノケイジタチ
  • 電子あり
ニッポンの刑事たち
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

テレビドラマの『相棒』、『踊る大捜査線』、『ST 赤と白の捜査ファイル』などなど、たくさんの刑事ドラマが放送されています。きっと、楽しみにしている人も多いでしょう。

では、ドラマの登場人物ではなく、本物の刑事たちが、犯人=容疑者にたどりつくために、どんなことをしているのか、くわしく知っている人は少ないでしょう。

この本では、テレビのニュースなどで実際に起きた事件について解説している小川泰平さんが、自分が刑事だったときの経験、そして同僚の刑事たちから聞いた話をもとに、リアルな捜査活動を伝えます。

捜査一課(殺人、強盗など)、捜査二課(詐欺、汚職など)、捜査三課(盗犯)、組織対策犯罪部(銃器、薬物など)、国際捜査課(外国人犯罪)、生活安全部(少年犯罪、ストーカー犯罪など)、交通部(ひき逃げなど)と、それぞれのセクションで、犯罪者を追い詰める方法は違います。それぞれを分けて、豊富なエピソードとともに解説します。

この本を読めば、刑事ドラマやミステリー小説を、もっと違った目線で、深く楽しめること請け合いです!

目次

  • はじめに
  • 入門編その一  刑事のイロハ
  • 入門編その二  刑事のテクニック
  • 捜査第一課   殺人、強盗、放火、誘拐……凶悪犯罪に立ち向かう
  • 捜査第二課   知恵と度胸で知能犯と権力犯罪を追い詰める
  • 捜査第三課   ターゲットは「職業、泥棒」のプロたち
  • 組織犯罪対策本部――国際捜査課  大胆すぎる外国人犯罪に網をかけろ!
  • 組織犯罪対策本部――銃器・薬物対策課  芸能人、スポーツ選手……有名人を蝕む違法薬物の恐怖
  •  
  • 生活安全部   最先端のサイバー犯罪が残した教訓
  • おわりに

製品情報

製品名 ニッポンの刑事たち
著者名 著:小川 泰平
発売日 2016年05月26日
価格 定価 : 本体1,200円(税別)
ISBN 978-4-06-287015-3
判型 四六
ページ数 208ページ
電子版製品名 ニッポンの刑事たち
シリーズ 世の中への扉

著者紹介

著:小川 泰平(オガワ タイヘイ)

元神奈川県警刑事。犯罪ジャーナリスト。
1961年、愛媛県生まれ。1980年に神奈川県警警察官を拝命。所轄の盗犯係の刑事を振り出しに、警察本部捜査第三課、国際捜査課の刑事として、主に被疑者の取り調べを担当。警察庁刑事局刑事企画課時代には、韓国警察庁との合同捜査に参加した。知事褒賞のほか、警察局長賞、警察本部長賞などの受賞歴は500回以上。2009年12月、30年間、奉職した警察人生に幕を引く。主な著書に、『現場刑事の掟』、『警察の裏側』(ともにイースト・プレス)、『泥棒刑事』(宝島社新書)など。執筆活動のほか、ニュースやワイドショーで事件の解説を行う。また、学校などでの講演活動も行っている。柔道四段。

オンライン書店で見る