戦国武将物語 徳川四天王

青い鳥文庫
センゴクブショウモノガタリトクガワシテンノウ
  • 電子あり
戦国武将物語 徳川四天王
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

十九歳までの人生の三分の二を他家の「人質」として過ごした苦労人、徳川家康。家康には、後の世の人に「徳川四天王」とよばれるようになった、名臣中の名臣がいた。酒井忠次、本多忠勝、榊原康政、井伊直政である。今川家に忍従するように仕え、武田家とは死闘を繰り広げ、信長、秀吉と互角にわたりあえるまでになり、苦労に苦労を重ねてついに天下をつかんだ家康――。四人の男はいかにして家康をささえて天下を取らせたのか。

<小学上級から すべての漢字にふりがなつき>

目次

  • もくじ
  • 序章 天下の宝
  • 第一章  第一の四天王、酒井忠次
  • 第二章  人質、竹千代
  • 第三章  第二の四天王、本多平八郎
  • 第四章  第三の四天王、榊原小平太
  • 第五章  信長との同盟
  • 第六章  死のしんがり
  • 第七章  三方が原の戦い
  • 第八章  第四の四天王、井伊万千代
  • 第九章  後ろに目がある
  • 第十章  初陣の万千代、鬼の信長
  • 第十一章 信長の死と伊賀越え
  • 第十二章 赤備え軍団
  • 第十三章 秀吉との対決
  • 第十四章 小牧・長久手の戦い
  • 第十五章 秀吉との和議
  • 第十六章 秀吉の臣下になる
  • 第十七章 酒井忠次、隠居する
  • 第十八章 駿府から江戸へ
  • 第十九章 秀吉の死
  • 第二十章 天下とりのとき
  • 第二十一章 天下わけめの関ケ原
  • 第二十二章 いくさのあと
  • 第二十三章 江戸幕府

製品情報

製品名 戦国武将物語 徳川四天王
著者名 著:小沢 章友 絵:甘塩 コメコ
発売日 2017年05月11日
価格 定価 : 本体650円(税別)
ISBN 978-4-06-285629-4
判型 新書
ページ数 240ページ
電子版製品名 戦国武将物語 徳川四天王
シリーズ 講談社青い鳥文庫

著者紹介

著:小沢 章友(オザワ アキトモ)

(おざわ あきとも)
1949年、佐賀県出身。早稲田大学政経学部卒業。『遊民爺さん』(小学館文庫)で開高健賞奨励賞受賞。青い鳥文庫でのおもな著書に『三国志』(全7巻)、『三国志英雄列伝』『飛べ! 龍馬』『織田信長‐炎の生涯‐』『豊臣秀吉‐天下の夢‐』『徳川家康‐天下太平‐』『武田信玄と上杉謙信』『真田幸村‐風雲! 真田丸‐』『大決戦! 関ヶ原』『平清盛‐運命の武士王‐』『西遊記(新装版)』がある。史実にもとづいた読みやすい歴史物語には定評がある。歴史もののほか、『プラネット・オルゴール』(講談社)『三島転生』(ポプラ社)『龍之介怪奇譚』(双葉社)などがある。

絵:甘塩 コメコ(アマジオ コメコ)

(あまじお こめこ)
千葉県出身。O型。猫とゲームを愛する絵描き。おもな表紙・挿絵の仕事に『武田信玄と上杉謙信』(青い鳥文庫)「いとをかし!百人一首」シリーズ(集英社)、「ハピ☆スタ編集部」シリーズ(金の星社)、「モンスター・クラーン」シリーズ(KADOKAWA)などがある。

おすすめの本

オンライン書店で見る