ドラキュラの町で、二人は

青い鳥文庫
ドラキュラノマチデフタリハ
ドラキュラの町で、二人は
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

わたしは森野しおり、中学校1年生。
 学校の帰り道、思わず抱きあげたかわいい子ねこに、とつぜん、首すじをかまれた。直後、転校生の氷月イカルがあらわれて、「『ドラキュ・ララ』にかまれたのだから、ただじゃすまない。」と告げられ……。
 ドラキュ・ララって!? わたしになにが起こっているの?
そして、謎に包まれたイカルの正体は?
 1冊読み切りの、ロマンティックホラー登場!

 <すべての漢字にふりがなつき・小学校高学年から>

製品情報

製品名 ドラキュラの町で、二人は
著者名 作:名木田恵子 絵:山田デイジー
発売日 2017年02月08日
価格 定価 : 本体620円(税別)
ISBN 978-4-06-285605-8
判型 新書
ページ数 224ページ
シリーズ 講談社青い鳥文庫

著者紹介

作:名木田恵子(ナギタケイコ)

名木田恵子(作家)
東京都出身。文化学院卒業後、作家としてデビュー。詩、ジュニア小説、児童読み物、絵本の文章、エッセイなど、幅広く執筆。また、水木杏子のペンネームで「キャンディ・キャンディ」ほか漫画の原作を数多く手がけた。
 『レネット 金色の林檎』(金の星社/2012年講談社文庫にも収録)で2007年度児童文芸家協会賞受賞。主な作品に、『air-だれも知らない5日間-』、
『レネット 金色の林檎』『初恋×12歳 -赤い実はじけた-』『友恋×12歳-ホントの気持ち-』(以上、青い鳥文庫)、『ラ・プッツン・エル -6階の引きこもり姫-』(講談社)、「ふーことユーレイ」シリーズ(ポプラ社)、『赤い実はじけた』(PHP研究所)、「バレリーナ事件簿」シリーズ(フォア文庫・岩崎書店)など。

絵:山田デイジー(ヤマダデイジー)

山田デイジー(漫画家)
京都府出身。2004年『なかよし』掲載の「恋が、はじまる。」でデビュー。主な漫画作品に『ギリコイ』、『ボーイフレンド』、『先生に、あげる。』、『王子とヒーロー』、『恋するふたごとメガネのブルー』『初恋始めました。』(以上、講談社)など。児童書の挿絵の作品に『初恋×12歳-赤い実はじけた-』『友恋×12歳-ホントの気持ち-』(講談社青い鳥文庫)、「カナデ、奏でます!」シリーズ(角川つばさ文庫)ほかがある。

おすすめの本

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス
  • ローチケHMV