南総里見八犬伝(三) 決戦のとき

青い鳥文庫
ナンソウサトミハッケンデン3ケッセンノトキ
原作:曲亭馬琴 文:時海結以 絵:亜沙美
  • 電子あり
南総里見八犬伝(三) 決戦のとき
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

 里見家にかけられた魔女の呪いを破るために生まれた八人の剣士。その出会いと友情、呪いとの戦いを描く、全3巻シリーズの完結編!

 残る二人ともめぐり会い、かたき討ちを果たして、里見の国をめざす剣士たち。そのころ、里見の国では、行方不明になっていた剣士の親兵衛が、戻ってきた浜路姫を守っていた。
 ところが、あやしい占い師の策略で、親兵衛は城を出ることに。
 ついに決戦のときがやってきた。
 剣士たちは、呪いにあやつられた大軍から里見の国を守り、呪いを断ちきることができるのか!?
 
<小学上級から・すべての漢字にふりがなつき・古典>

製品情報

製品名 南総里見八犬伝(三) 決戦のとき
著者名 原作:曲亭馬琴 文:時海結以 絵:亜沙美
発売日 2016年09月07日
価格 定価 : 本体650円(税別)
ISBN 978-4-06-285581-5
判型 新書
ページ数 272ページ
電子版製品名 南総里見八犬伝(三) 決戦のとき
シリーズ 講談社青い鳥文庫

著者紹介

原作:曲亭馬琴(キョクテイバキン)

1767年生まれ。江戸時代後期の作家。1814年から28年をかけて全98巻、106冊の「南総里見八犬伝」を完結させた。1848年没。

文:時海結以(トキウミユイ)

長野県生まれ。歴史博物館にて、遺跡の発掘や歴史・民俗資料の調査研究職にたずさわったのち、2003年作家デビュー。著書に「あさきゆめみし(全5巻)」(大和和紀・原作)、『平家物語 夢を追う者』『竹取物語 蒼き月のかぐや姫』『枕草子 清少納言のかがやいた日々』(いずれも講談社青い鳥文庫)、『小説 ちはやふる中学生編』(講談社)ほか多数。日本児童文学者協会、日本民話の会に所属。

絵:亜沙美(アサミ)

大阪府生まれ。京都芸術短期大学(現・京都造形芸術大学)卒業。さし絵の作品に「若おかみは小学生!」シリーズ、「温泉アイドルは小学生!」シリーズ、『フランダースの犬』(以上、講談社青い鳥文庫)、「ビースト・レスキュー」シリーズ(金の星社)などがある。

オンライン書店で見る