新 妖界ナビ・ルナ(10) 天泣の道なり

青い鳥文庫
シンヨウカイナビルナ10 テンキュウノミチナリ
  • 電子あり
新 妖界ナビ・ルナ(10) 天泣の道なり
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ナナセと雛子の父、カイリュウから蛇骨山脈に呼び出された、ルナ。もっけとソラウと共に、ナナセと雛子の亡骸をともなって、霊山の嵩山へと向かう。
 険しい山道を登るうち、幻覚を見るルナ。気がつくと、ルナは洞穴にただひとりで立っていた・・・。目の前にある不浄の穴のなかには、カイリュウが封じられていた。カイリュウの狙いは、ルナの持つ悠久の玉。ルナは、最後の戦いが近づいているのを感じていた・・・。

製品情報

製品名 新 妖界ナビ・ルナ(10) 天泣の道なり
著者名 作:池田美代子 絵:戸部淑
発売日 2014年08月07日
価格 定価 : 本体620円(税別)
ISBN 978-4-06-285441-2
判型 新書
ページ数 208ページ
電子版製品名 新 妖界ナビ・ルナ(10) 天泣の道なり
シリーズ 講談社青い鳥文庫

著者紹介

作:池田美代子(イケダミヨコ)

「占い魔女は消えた」(岩崎書店)でデビュー。代表作の「妖界ナビ・ルナ」シリーズ(岩崎書店)は、累計100万部を突破。青い鳥文庫では「摩訶不思議ネコ・ムスビ」シリーズも手がけている。

絵:戸部淑(トベスナホ)

福岡生まれ、神奈川県在住。ゲーム会社社員からフリーのイラストレーターに転向。「妖界ナビ・ルナ」第2期のイラストを担当。

オンライン書店で見る