アンネ・フランク物語

青い鳥文庫
アンネフランクモノガタリ
アンネ・フランク物語
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

 第二次大戦中、15年9か月という短い生涯をかぎられた自由のなかですごし、亡くなった少女、アンネ・フランク。ユダヤ人であるというだけで、食べることも眠ることも制限されたなかで、アンネは一日一日を生き、そして死にました。
 隠れ家のなかでアンネが書きつづった日記で、わたしたちは、自由をうばれてもなお、未来に希望を失わず、強く生きた少女の姿を知ることができます。
 1945年、第二次世界大戦が終わってから、日本は、どこの国とも直接には戦争をしていません。
 けれども、いまこの時代にも、大勢の「アンネ」が世界中にいます。みんなが仲よく、自由に生きられる世界をアンネはのぞんでいました。
 その世界が実現可能かどうかは、わたしたち一人一人にかかっている--アンネの一生は、そのことをわたしたちに伝えてくれるのです。
 
 アンネの生い立ちから、日記に書かれていないお話、父親のオットーの人柄、迫害されたユダヤ民族についてにもふれ、世界中で読みつがれている日記の作者、アンネ・フランクの一生を読みやすい日本語と解説でおとどけします。
 人気の高かった「少年少女伝記文学館」(1989年6月28日初版)からの復刊、文庫化です。人気の平澤朋子さんの挿し絵、豊富な解説で、小学生に、読みやすい仕上がりです。

<小学中級から・総ルビ 口絵写真あり>

目次

  • もくじ
  • 1 やんちゃなアンネ
  • 2 オランダへ
  • 3 かくれ家の生活
  • 4 死んでも生きつづけいたい
  • あとがき

製品情報

製品名 アンネ・フランク物語
著者名 著:小山内 美江子 絵:平澤 朋子
発売日 2014年07月10日
価格 定価 : 本体680円(税別)
ISBN 978-4-06-285435-1
判型 新書
ページ数 244ページ
シリーズ 講談社青い鳥文庫
初出 1989年刊行の「少年少女伝記文学館(24)アンネ=フランク」(講談社)を底本とした。

著者紹介

著:小山内 美江子(オサナイ ミエコ)

1930年横浜生まれ。神奈川県鶴見高等女学校卒。1962年NHKテレビ指定席「残りの幸福」でシナリオライターとしてデビュー。執筆のかたわら、「JHP・学校をつくる会」代表を務める。2003年文化庁より文化交流使を任命。
手がけた脚本に、TBS「3年B組金八先生」、NHK「翔ぶが如く」「徳川家康」「マー姉ちゃん」など多数。

絵:平澤 朋子(ヒラサワ トモコ)

東京生まれ。イラストレーター。武蔵野美術大学卒。装画、挿画を手がけた主な児童書に、『緑の模様画』『ニルスが出会った物語』シリーズ(以上福音館書店)、『わたしのしゅうぜん横町』(ゴブリン書房)、『青矢号』(岩波少年文庫)、『世界の果ての魔女学校』『あしながおじさん』(以上講談社)など多数。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス
  • ローチケHMV