十二歳

青い鳥文庫
ジュウニサイ
十二歳
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

小学6年生の鈴木さえ。友だちもいっぱいいるし、ポートボールに情熱を燃やす楽しい毎日を過ごしていたのに、突然何かがずれ始めた。頭と身体がちぐはぐで、なんだか自分が自分でないみたいな気がする。それはいきなりやってきた頭痛といっしょに、さえの気持ちを不安にさせる。大人になったら、自分は特別な「何か」になることができるのだろうか?それまでの自分とは、まったくちがってしまった自分をみつめる、さえの『十二歳』の一年間を描く。第42回講談社児童文学新人賞受賞作品。

目次

  • 1 ポートボール
  • 2 頭痛
  • 3 夏休み
  • 4 水面の世界
  • 5 星座の夢
  • 6 人間離れ
  • 7 運命
  • 8 卒業

製品情報

製品名 十二歳
著者名 著:椰月 美智子 絵:またよし
発売日 2014年04月10日
価格 定価 : 本体650円(税別)
ISBN 978-4-06-285419-1
判型 新書
ページ数 240ページ
シリーズ 講談社青い鳥文庫
初出 2002年4月に講談社より単行本として、2007年12月に講談社文庫として刊行された「十二歳」を元に、全体にふりがなをふり、新たに挿絵をつけたもの。

著者紹介

著:椰月 美智子(ヤヅキ ミチコ)

1970年生まれ。神奈川県小田原市在住。2002年、『十二歳』で第42回講談社児童文学新人賞を受賞しデビュー。'07年に『しずかな日々』で第45回野間児童文芸賞、第23回坪田譲治文学賞をダブル受賞。他の著書に『恋愛小説』『シロシロクビハダ』(ともに講談社)、『その青の、その先の、』(幻冬舎)、『坂道の向こう』『みきわめ検定』『枝つき干し葡萄とワイングラス』『ガミガミ女とスーダラ男』(以上講談社文庫)、『るり姉』(双葉文庫)、『かっこうの親 もずの子ども』(実業之日本社)、『どんまいっ!』(幻冬舎文庫)、『フリン』(角川文庫)、『ダリアの笑顔』(光文社文庫)など。

絵:またよし(マタヨシ)

1982年生まれ。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス
  • ローチケHMV